●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.V.3:1 ~ T-8.V.4:6

3. God's Oneness and ours are not separate, because his oneness encompasses ours. 
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性、統一性」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、別個の、別々の 」
  • encompass [enkʌ́mpəs] : 「〜を包み込む、包含する」
❖ "God's Oneness and ~ "「神が一(いつ)であることと私たちが一であることは別のことではない」。"because his oneness ~ "「なぜなら、神が一であることは、私たちが一であることを包含しているからだ」。ACIMが教える純粋一元論である。あるいは、ACIMの不二一元論と言ってもいい。注意しなくてはならないのは、"God's Oneness"を、多神教に対する一神教を主張しているととらえてはならないことである。そうではなく、すべての真実なる存在が神へ収斂し、究極、"God is"の二文字が表す真理へたどり着くことを主張しているのだ。そこで、ACIMでは、神を"all-encompassing"「すべてを包摂(ほうせつ)するもの」としている。単一なる神はその延長上に単一なる神の子を創造した。すべてを包含する神の中に神の子は含まれ、神と同体の神の子もまたすべてを包含する。



To join with me is to restore his power to you because we are sharing it. 
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、結合する」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「元に戻す、修復する」
  • share [ʃέər] : 「〜を分かち合う、共有する」
❖ "To join with ~ "「私と結びつくとは、あなたにとっての神のパワーを修復するということである」。"because we are ~ "「なぜなら、私たちは神のパワーを分かち合っているのだから」。"his power"「神のパワー」とは、創造し拡張するパワー、愛するパワー、喜びのパワー、慈しむパワー、等々と考えていい。そのパワーを失った私達は、イエスと結びつくことでヒーリングされる。なぜなら、イエスとの間で、神のパワーを分かち合うことが出来るからだ。



I offer you only the recognition of his power in you, but in that lies all truth. 
offer [ɔ́fər] : 「〜を提供する、差し出す」
recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
lie [lái] : 「置かれている、ある、横たわる」
❖ "I offer you ~ "「私はあなたに、あなたの中に神のパワーがあることを認識できるようにしてやるだけだ」。"but in that ~ "「しかし、その中にこそ、すべての真実がある」。つまり、イエス(ホーリー・スピリット)の仕事は、あなたの目覚めの手伝いをすることである。あなたは真実を教えられるのではない。目覚めれば、そこに真実が自ずから見えて来る。



As we unite, we unite with him. Glory be to the union of God and his holy sons! All glory lies in Them because They are united. 
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、誇り、荘厳」
  • union [júːnjən] : 「結合、融合」
❖ "As we unite ~ "「私たちが結合するように、私たちは神と結合する」。"Glory be to ~ "「神と神聖な神の子の結合に栄光あれ」。"All glory lies in ~ "「すべての栄光は彼らの内にある」。"because They ~ "「なぜなら、彼らは結合したのだから」。



The miracles we do bear witness to the Will of the Father for his son, and to our joy in uniting with his will for us.
  • bear [béər] : 「抱く、生む、持つ、有する」
  • witness [wítnəs] : 「証拠、証言、証人」
  • bear witness to : 「〜を証言する」
❖ "The miracles we ~ "「私たちがなす奇跡は、神の子を思う父なる神の意思を証言し、」"and to our ~ "「私たちを思う神の意思と結合した私たちの喜びを証言する」。奇跡がなされるとき、それは神の意思が存在する証拠であり、神の意思と結合したことの証拠だ、ということ。
 蛇足になるが、"will"を『意思』と訳したが、『意志』と訳してももちろんかまわない。意思は意識された思いのことであり、一方向性をもった強い意思が意志だと了解すればいいだろう。



4. When you unite with me you are uniting without the ego, because I have renounced the ego in myself and therefore cannot unite with yours. 
  • unite with : 「〜と一緒になる、〜と結合する」
  • renounce [rináuns] : 「放棄する、捨てる、破棄する」
❖ "When you unite ~ "「あなたが私と結びつくとき、」"you are uniting ~ "「あなたはエゴとの結合を切ることになる」。"because I have ~ "「なぜならば、私は私の中のエゴを捨てたので、」"and therefore cannot ~ "「あなたのエゴと結合することは出来ないからだ」。エゴとの結合を持続させるか、エゴを捨ててエゴなきイエスと結合するか、それはあなたの選択しだいだ。あなたがイエスと結びつく決断をした時点で、あなたはエゴを放棄することになる。



Our union is therefore the way to renounce the ego in you. The truth in both of us is beyond the ego. 
  • union [júːnjən] : 「結合、融合、団結」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて」
❖ "Our union is ~ "「私たちの結合は、したがって、あなたの心の中のエゴを捨て去る方法である」。"The truth in ~ "「私たち両者の中の真実は、エゴを越えるものである」。あなたがイエスと結ばれるとき幻想は消滅し、エゴも消える。そこに、真実がヴィジョンとして展開する。



Our success in transcending the ego is guaranteed by God, and I share this confidence for both of us and all of us. 
  • success [səksés] : 「成功、幸運」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証する、請け合う」
  • confidence [kɑ́nfidəns] : 「信頼、信用、確信」
❖ "Our success in ~ "「エゴを超越するのに成功することは、神によって保証されている」。"and I share ~ "「そして、この確信を、私たち両者のため、私たちすべての者たちのため、私は分かち合う」。確信を分かち合うとは、確信を共有すること。つまり、かならずエゴを超越できるのだと、神が保証していることをみんなで信じ切ること。



I bring God's peace back to all his children because I received it of him for us all. 
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を連れて来る」
  • bring back : 「連れ戻す、連れて帰る」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "I bring God's ~ "「私は、神の子すべてに、神の平和を連れ戻す」。"because I received ~ "「なぜなら、私は、私たちすべての者のために、神からその平和を受け取ったのだから」。イエスは神の平和を独占しない。それをみんなで分かち合う。分かち合うことで、平和は増強し、拡張していく。



Nothing can prevail against our united wills because nothing can prevail against God's.
  • prevail [privéil] : 「勝つ、勝る」
  • prevail against : 「〜に打ち勝つ、〜をしのぐ」
  • united : 「結ばれた、結合した」
❖ "Nothing can prevail ~ "「何ものも、私たちの結合した意志に勝つことは出来ない」。"because nothing ~ "「なぜなら、何ものも、神の意志に勝つことは出来ないからだ」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp