●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.IV.7:1 ~ T-8.IV.8:13

7. If your will were not mine it would not be our Father's. This would mean you have imprisoned yours, and have not let it be free. 

  • mine [máin] : 「私のもの」
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、投獄する」
❖ "If your will ~ " 仮定法過去、「もし、あなたの意思が私の意思でないなら、それは神の意思でもない」。"This would mean ~ "「それは、あなたがあなたの意思を投獄してしまったことを意味し」。"and have not ~ "「そして、その意思を自由にさせないことを意味する」。



Of yourself you can do nothing, because of yourself you are nothing. 
  • of oneself : 「独りでに、それ自体で 」
❖ "Of yourself you ~ "「あなた独りでは、あなたは何も出来ない」。"because of yourself ~ "「なぜなら、あなた独りでは、あなたは無であるからだ」。ACIMは自力思想ではない。絶対他力の思想である。あなたが神や、あるいは同胞と分離していると信じている限り、あなたは自分を幻想の中に投獄したようなもので、そんな孤立した状態では何も出来ない。真の創造は出来ない。分離と孤立は、実相的に無である状態だ。



I am nothing without the Father and you are nothing without me, because by denying the Father you deny yourself. 
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む、拒絶する」
❖ "I am nothing ~ "「神なしでは、私は無である」。イエスさえもそうである。"and you are ~ "「そして、私なしでは、あなたは無である」。"because by denying ~ "「なぜならば、父なる神の拒絶はあなた自身の拒絶であるからだ」。神を否定することは、自己を否定することにつながる。イエスとあなたは同体であるから、イエスを拒絶することはあなた自身を拒絶することと同じだ。イエスと神は同体だから、すなわち神を拒絶することに等しい。



I will always remember you, and in my remembrance of you lies your remembrance of yourself. In our remembrance of each other lies our remembrance of God. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出、回想」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
❖ "I will always ~ "「私は、いつもあなたを覚えていよう」。"and in my remembrance ~ "「そして、私があなたを覚えている、その中に、あなたは自分自身を思い出すことが出来る」。イエスが本当のあなたを覚えていることで、あなたは自分を見失うことなく、本当の自分自身を思い出せる。"In our remembrance ~ "「私たちがお互いに覚え合っている、その中に、私たちは神を思い出すことが出来る」。私達が互いに本当の自分であることを認め合っているとき、私達は神を思い出すことが出来る。



And in this remembrance lies your freedom because your freedom is in him. 
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
❖ "And in this ~ "「そして、このように覚えている中に、あなたの自由がある」。"because your ~ "「なぜならば、あなたの自由は神の中にあるからだ」。神は神の子を自由という名の下(もと)に創造した。しかし、それは神から分離できるという自由ではない。そんな自由は偽物の自由である。



Join, then, with me in praise of him and you whom he created. 
  • join with : 「〜に加わる」
  • in praise [préiz] of : 「〜を褒めたたえて」
❖ "Join, then, with ~ "「では、私と一緒に、神と神の創造したあなたを褒めたたえようではないか」。



This is our gift of gratitude to him, which he will share with all his creations, to whom he gives equally whatever is acceptable to him. 
  • gratitude [grǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • share [ʃέər] : 「〜を分かち合う、共有する」
  • creation [kriéiʃən] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • equally [íːkwəli] : 「平等に、同等に、公平に」
  • acceptable [əkséptəbl] : 「受け入れ可能な、容認できる」
❖ "This is our gift ~ "「神とあなたを褒めたたえることは、神への感謝を表す私たちからの贈り物である」。"which he will ~ "「その贈り物を、神は、すべての神が創造したものたちと分かち合うだろう」。"to whom he ~ "「その、神が創造したものたちへ、神は、神にとって受け入れられるものなら何でも、平等に与えるのだ」。愛、喜び、平和、静寂、等々を神は神の子に分け隔てなく与える。与え、分かち合い、拡張増大させる。



Because it is acceptable to him it is the gift of freedom, which is his will for all his sons. By offering freedom you will be free.
  • offer [ɔ́ːfər] : 「提供する、ささげる」
❖ "Because it is ~ "「神に捧げる感謝は、神にとって受け入れることが出来るものなので、それは、自由の贈り物である」。"which is his ~ "「そして、その自由の贈り物は、すべての神の子を思う神の意思でもある」。"By offering freedom ~ "「自由を差し出すことで、あなたは自由になれるのである」。後半の文章は誤解してはならない、自由を神に与えてしまうことで自由になる、という意味合いではなく、自由を象徴する感謝を神に捧げることで、あなたは本当の意味で自由になれる、ということであろう。あるいは、自由を差し出し、自由を分かち合うことで、あなたは本当の自由になれる、という意味合いである。
 この世の国家社会においては、自由の大半を為政者に明け渡す。社会的な身の安全を確保するためだ。ACIMで語る自由は、この種の自由ではない。エゴに支配され奪われた心の自由である。



8. Freedom is the only gift you can offer to God's Sons, being an acknowledgment of what they are and what he is. 
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、認識」
❖ "Freedom is the ~ "「自由こそは、あなたが神の子に差し出すことの出来る唯一の贈り物である」。"being an acknowledgment ~ " 分詞構文、理由、「自由とは、神の子が何であるか、神とは何であるか、それを承認することだからである」。本当の神の子、本当の神の意思が理解でき、受け入れることが出来れば、おのずから自由がそれらと直結するものだと理解できるようになる。逆に、自由が何たるかを理解できれば、神の子も神の意思も理解できる。



Freedom is creation, because it is love. Whom you seek to imprison you do not love. 
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す」
  • seek to : 「〜しようとする」
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、投獄する」
❖ "Freedom is ~ "「自由とは創造である」。"because it is ~ "「なぜなら、自由は愛だからだ」。真実を分かち合って拡大することが創造である。分かち合いは、すなわち愛に基づく。真実を分かち合う自由こそが自由であって、それは愛に他ならない。"Whom you seek ~ "「あなたが投獄しようとするものを、あなたは愛していない」。あなたが自由を封印するなら、それはあなたが自由を愛していない証拠だ。あなたが愛しているなら、愛しているものを自由にしてあげたいと思うはずだ。



Therefore, when you seek to imprison anyone, including yourself, you do not love him and you cannot identify with him. 
  • including [inklúːdiŋ] : 「〜を含む、〜を含めて、〜などの」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一に扱う、同一視する」
❖ "Therefore, when ~ "「したがって、あなたも含めて、あなたが誰かを投獄しようとするとき、あなたはその人を愛してはいないし、その人と同一視することも出来ない」。愛が欠如した所に自由はない。自由のない所に愛はない。



When you imprison yourself you are losing sight of your true identification with me and with the Father. Your identification is with the Father and with the Son. It cannot be with One and not the Other. 
  • lose sight of : 「〜を見失う」
  • identification [aidèntifəkéiʃən] : 「同一化、同定」
❖ "When you imprison ~ "「あなたがあなた自身を投獄するとき、」"you are losing ~ "「あなたは、私、および神との真の同一性を見失っているのだ」。心をエゴという牢獄に閉じこめてしまえば、あなたはイエスや神と同一なのだという一体性を見失ってしまう。"Your identification is ~ "「あなたの同一性は、私とであり、父なる神とである」。あなたは決してエゴと同一ではない。あなたはイエスと、そして神と同一なのだ。"It cannot be ~ "「(私と神の)一方だけと同一で、他方とは同一でないということはあり得ない」。なぜなら、イエス(ホーリー・スピリット)は神と同一だから。



If you are part of One you must be part of the Other, because They are One. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
❖ "If you are ~ "「もし、あなたが一方の一部であるなら、」"you must ~ "「あなたは他方の一部であるに違いない」。"because They ~ "「なぜなら、それらは一つなのだから」。



The Holy Trinity is holy because It is One. If you exclude yourself from this union, you are perceiving the Holy Trinity as separated. 
  • trinity [trínəti] : 「3人組、三位一体」
  • The Holy Trinity : 「三位一体」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を除く、除外する」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • separated : 「分離した、別々になった」
❖ "The Holy Trinity is ~ "「三位一体は、それが一つであるから神聖なのである」。"If you exclude ~ "「もし、あなたが、この三位一体の結合からあなた自身を除外したなら、」"you are perceiving ~ "「あなたは、三位一体を分離したものとして知覚することになる」。そして、今あなたは誤ってそう知覚している。それを正すことがACIMの目的であり、ホーリー・スピリットの目的である。つまり、神の子が分離という悪夢から目覚め、天の王国に住まう神の下(もと)へ回帰し、神とホーリー・スピリットと神の子が一体化することが最終目的である。三位一体の完成だ。



You must be included in It, because It is everything. 
  • include [inklúːd] : 「〜を含める、〜を包含する」
❖ "You must be ~ "「あなたは三位一体の中に含まれなければならない」。"because It is ~ "「なぜなら、三位一体はすべてだからだ」。三位一体から除外されるものはなく、この三位が喜びや愛を分かち合って真実を拡張増大させていく。それが、実相世界の本当の創造である。



Unless you take your place in It and fulfill your function as part of It, the Holy Trinity is as bereft as you are. 
  • take one's place : 「地位を占める、存在している」
  • fulfill [fulfíl] : 「満たす、果たす、全うする」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用」
  • bereft [biréft] : 「bereaveの過去・過去分詞形、奪われた、失った」
  • bereave [biríːv] : 「奪う、奪い去る」
❖ "Unless you take ~ "「あなたが、三位一体の中に自分の位置を占め、あなたの機能を果たすことがない限り、」"the Holy Trinity is ~ "「三位一体は、あなたと同様に(希望を失って)悲しみにうちひしがれる」。三位一体に希望をもたらすのは、他でもない神の子であるあなただ。あなたがその鍵を握っている。あなたなしでは三位一体は完成しないし、したがって、神も完成しないのだ。



No part of It can be imprisoned if Its truth is to be known.
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、投獄する」
❖ "No part of It ~ "「もし、三位一体の真実が知られるべきものであるなら、三位一体のいかなる部分も、投獄され得ない」。三位一体こそが究極の真実であると知ったなら、誰も幻想に支配されることはない。ここの"be + to do"は「〜すべきだ、〜できる、〜する運命にある、〜したいと思う」などの意味になる。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp