●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.II.7:1 ~ T-8.II.8:6

7. When I said, "All power and glory are yours because the Kingdom is his," this is what I meant: The Will of God is without limit, and all power and glory lie within it. 

  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、壮観、荘厳」
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • lie [lái] : 「横たわる、位置する、横たわっている」
❖ "When I said ~ "「私が『すべてのパワーと栄光はあなたのものである、なぜなら王国は神のものだから』と言ったとき、」"this is what ~ "「これは、次のような意味を意図したのだ」。"The Will of God ~ "「神の意思は限界がなく、すべてのパワーと栄光はその中にある」と言おうとしたのだ。ここは、文言は多少異なるが、マタイによる福音書6:13からの引用であろう。参考までに載せておく。

[Matthew 6:13 from King James Bible]
And lead us not into temptation, but deliver us from evil: For thine is the kingdom, and the power, and the glory, for ever. Amen. 
私達が誘惑に引き込まれないように、私達を悪から救ってください。なぜなら、王国もパワーも栄光も、永遠にあなたのものだからです。アーメン。(大畑訳)
訳注:"For thine is ~ "の部分は、一般のスタンダードな聖書にはない。日本語訳聖書にも、この部分はない。しかし、ACIM口述者イエスはこの部分を強調したかったのだ。つまり、神がそうであるなら、神の属性をすべて継承した神の子自身も同様だということである。



It is boundless in strength and in love and in peace. It has no boundaries because it created all things. 
  • boundless [báundlis] : 「限界のない、無限の」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ」
  • boundary [báundəri] : 「境界、限界、限度」
❖ "It is boundless ~ "ここの"It"は"The Will of God"のこと、「神の意思は、力において、愛において、平和において、限界がない」。"It has no ~ "「神の意思はあらゆるものを創造したので、神の意思には境界すらない」。実相世界は無時間無空間の世界なので、時間的、空間的な制限がない。しかし、それに止まらず、神の創造力や意志の力(あるいは意思の力)にも限界はない。



By creating all things, it made them part of itself. You are the Will of God because that is how you were created. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分、部品」
❖ "By creating all ~ "「あらゆるものを創造することで、神はそれらを神の一部とした」。"You are the Will ~ "「あなたは神の意思である」。"because that is ~ "「なぜならば、あなたはそのように創造されたからだ」。神の子は神の意思を継承している。そうすることを神が意図したからだ。神はその意思を神の子と分かち合う。真実を分かち合って拡張するという創造の意思である。



Because your Creator creates only like himself, you are like him. You are part of him who is all power and glory, and are therefore as unlimited as he is.
  • unlimited [ʌnlímitid] : 「制限のない、無制限の」
❖ "Because your Creator ~ "「あなたの創造主は、自分に似たようにしか創造しないので、あなたは創造主に似ている」。"You are part ~ "「あなたは、すべてのパワーと栄光である神の一部である」。"and are therefore ~ "「したがって、神同様に、あなたには制限がないのだ」。あなたは神と同様な無限の権力を握っているという意味ではない。神と一体であり、神から分離できるような存在ではないという意味である。神の辞書に『権力』という言葉がないように、本来、あなたには権力などない。それがあるように見せかけているのはエゴである。



8. To what else except all power and glory can the Holy Spirit appeal to restore God's Kingdom? 
  • else [éls] : 「そのほかの、別の」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • appeal [əpíːl] : 「援助を求める、懇願する」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「元に戻す、回復させる、修復する」
❖ "To what else ~ "「すべてのパワーと栄光を除いて、いったい他の何に、ホーリー・スピリットは神の王国の修復をするための援助を求めることが出来るだろうか」。天の王国を修復するとは、天の王国を完成させるということ。神とホーリー・スピリットと神の子の三位(さんみ)が融合して一体となったとき、天の王国は完成される。真実を拡張するという創造のサイクルが起動するのだ。あなたがそのサイクルに参加しなければならないのは、まさに栄光ではないだろうか。



His appeal, then, is merely to what the Kingdom is, and for its own acknowledgment of what it is. 
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、援助を求めること」
  • appeal to A for B : 「AにBを求める」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、認識」
❖ "His appeal, then ~ "「ホーリー・スピリットの懇願は単に本当の王国そのものに対してのものであり、」"and for its ~ "「王国そのものをそれ自体が承認することを求めてのものなのだ」。非常に難解な箇所である。ACIMでは、"Kingdom"「王国」と"your mind"がほとんど同義語として取り扱われていることを思い出してもらいたい。たとえば、前文の"to restore God's Kingdom"は「神の王国を修復するために」という文意であるが、「あなたの心を修復するために」と読み替えてみても成立する。そこで、ここの文章でも、王国を心に置き換えてみると、「ホーリー・スピリットの懇願は単に本当のあなたの心に対してものであり、あなたの心が本当のあなたの心を承認するためのものである」となる。さらに、「あなたの心」を単に「あなた」に置き換えると、「ホーリー・スピリットの懇願は単に本当のあなたに対してものであり、あなたが本当のあなたを承認するためのものである」となる。つまり、ホーリー・スピリットは、あなたに本当のあなた自身を、本当のあなたの心を、あなたの心にある王国を認識して欲しいと懇願しているのである。



When you acknowledge this you bring the acknowledgment automatically to everyone, because you have acknowledged everyone. 
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、承認する」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って行く、〜をもたらす」
  • automatically [ɔ̀ːtəmǽtikəli] : 「無意識に、自動的に」
❖ "When you acknowledge ~ "「あなたがこれを承認したとき、」"you bring the ~ "「あなたはその承認を自動的にすべての人にもたらすことになる」。"because you have ~ "「なぜならば、あなたはすべての人を承認したのだから」。ここも前文同様に置き換えを行うと、「あなたが本当のあなたを受け入れたとき、自動的に、あなたはすべての人にも受け入れられることになる」。「なぜなら、あなたはすべての人を受け入れたのだから」となる。



By your recognition you awaken theirs, and through theirs yours is extended. 
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める」
  • extend [iksténd] : 「広げる、拡張する、拡大する」
❖ "By your recognition ~ "「あなたが認識することによって、あなたは人々の認識を呼び起こす」。"and through theirs ~ "「そして、彼らの認識を通して、あなたの認識が拡大していく」。あなたが本当の自分に目覚めると、それが波及して、周りの者たちも本当の自分に目覚める。すると、あたかも目覚めを分かち合うかのように、真実への目覚めがどんどん拡大していく。



Awakening runs easily and gladly through the Kingdom, in answer to the Call for God. 
  • awakening [əwéikəniŋ] : 「覚醒、目覚め」
  • easily [íːzəli] : 「容易に、たやすく」
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで、嬉々として」
  • in answer to : 「〜に応じて、〜に答えて」
❖ "Awakening runs easily ~ "「王国中に、目覚めが、やすやすと、かつ喜びに溢れながら、走り回る」。"in answer to ~ "「神のための呼び声に応えながら」。ここの"in answer to the Call for God"は「神に代わる呼び声に応えて」と解釈してもいいだろう。そうすると、神に代わる声とはホーリー・スピリットの声となり、ホーリー・スピリットの呼び声に応えて、となる。いずれにしても、神の子の目覚めの喜びは神の意思である。



This is the natural response of every Son of God to the Voice for his Creator, because It is the Voice for his creations and for his own extension.
  • natural [nǽtʃərəl] : 「自然な、普通の」
  • response [rispɑ́ns] : 「応答、感応、反応」
  • creation [kriéiʃən] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、延長」
❖ "This is the natural ~ "意訳する、「これは、創造主に代わって語りかける(ホーリー・スピリットの)声に対する、すべての神の子の自然な反応である」。神の代理人であるホーリー・スピリットの呼び声に応えて神の子が目を覚まし、その目覚めが同胞に波及することは実相的に自然なことだ。"because It is ~ "「なぜなら、それは神が創造した者達を代弁する声であり、神自身の拡張を求める声だからだ」。ホーリー・スピリットの呼び声はすべての神の子の意思を代弁してくれる声である。なぜなら、すべての神の子の心の中にホーリー・スピリットは宿っているからだ。そして、喜びという真実を分かち合うことで喜びを拡張することは神の求める創造であって、神の意志である。その意志を神の子に伝えることも、ホーリー・スピリットの役割である。
 蛇足になるが、ここの"for"は「〜に代わって」という意味合いと「〜のために」という意味合いの両方を兼ね備えていると考えればいい。したがって、たとえば"the Voice for his Creator"は「創造主を代弁する声」と訳しても、「創造主のための声」と訳してもいいだろう。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp