●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.VII.2:1 ~ T-8.VII.3:6

2. Remember that the Holy Spirit interprets the body only as a means of communication. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • interpret [intə́ːrprət] : 「解釈する、解明する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
❖ "Remember that ~ "「ホーリー・スピリットは、肉体をコミュニケーションの手段であるとのみ解釈していることを思い出しなさい」。



Being the Communication Link between God and his separated sons, the Holy Spirit interprets everything you have made in the light of what he is. 
  • link [líŋk] : 「結び付き、つながり、関連」
  • between [bitwíːn] : 「〜との間」
  • separated : 「分離した、離れ離れになった」
  • in the light of : 「〜を考慮して、〜に照らし合わせて、」
❖ "Being the Communication ~ "分詞構文、理由、「(ホーリー・スピリットは)、神と(神から)分離した神の子の間のコミュニケーション・リンクであるから、」" the Holy Spirit interprets ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが作ったすべてのものを、神の子本来の姿に照らし合わせて、解釈する」。ここの"in the light of what he is"における"he "であるが、"he"をホーリー・スピリットと見なすと、「ホーリー・スピリットの本当の姿に照らして解釈する」という意味合いになるし、"he"を分離した神の子とみなすと、「本来あるべき神の子の姿に照らして」となる。拡大解釈して、"he"を神と見なせば、"what he is"は「神であるところのもの、本来の神の姿」等々として、ここを「真実、真理」という言葉で置き換えてみたらどうであろう。すると、「神の真実に照らして合わせて、あなたの作ったものを解釈する」という意味合いになる。いずれにしても、実相的真実の光に照らして、あなたがなしたすべてのことをホーリー・スピリットは解釈する、ということだ。



The ego separates through the body. The Holy Spirit reaches through it to others. 
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く」
❖ "The ego separates ~ "「エゴは肉体を通して分離している」。エゴは、人の心を肉体に閉じ込めて、人を分離した状態に保とうとする。"The Holy Spirit reaches ~ "「ホーリー・スピリットは肉体を通して他者に接触する」。エゴは人の肉体ごとに宿って、他者を非難攻撃することで分離状態を保とうとするが、ホーリー・スピリットは肉体をコミュニケーションの手段として使い、心と心の接触を促す。心の融合をもたらす。



You do not perceive your brothers as the Holy Spirit does, because you do not regard bodies solely as a means of joining minds and uniting them with yours and mine. 
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • regard [rigɑ́ːrd] : 「〜を〜と見なす」
  • regard A as B : 「AをBと見なす」
  • solely [sóulli] : 「もっぱら、ただ一人で」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、結合する」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一つにする」
❖ "You do not ~ "「あなたは同胞を、ホーリー・スピリットが知覚するようには、知覚していない」。"because you do ~ "「なぜならば、あなたは肉体を、心を連結し、あなたの心と私の心に同胞の心を結合させる手段だとは見なしていないからだ」。



This interpretation of the body will change your mind entirely about its value. Of itself it has none.
  • interpretation [intə̀ːrprətéiʃən] : 「解釈、解説」
  • change [tʃéindʒ] : 「〜を変える、〜を変更する」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
  • of oneself : 「独りでに、それ自体で」
❖ "This interpretation of ~ "「(肉体が心の連結のための手段に過ぎないという)この解釈は、肉体の価値について、あなたの心を完全に変えてしまうだろう」。"Of itself it has ~ "「肉体は、それ自体では、何の価値もない」。肉体は幻想に過ぎないが、学びの補助装置としての価値はある。学びが完成すれば、肉体はその価値を失う。したがって、肉体は消滅する。もちろん、死ぬという意味ではない。不必要な幻想の肉体が消滅し、永遠不変の命が復活する、ということだ。



3. If you use the body for attack, it is harmful to you. 
  • harmful [hɑ́ːrmfl] : 「有害な、害になる」
❖ "If you use ~ "「もし、あなたが、肉体を攻撃のために使うなら、」"it is harmful ~ "「それは、あなたにとって有害である」。互いに攻撃し合うことで、心の分離分断が加速し、心の再結合は遠く。



If you use it only to reach the minds of those who believe they are bodies, and teach them through the body that this is not so, you will understand the power of the mind that is in you. 
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」
  • power [páuər] : 「力、能力」
❖ "If you use it ~ "「もし、あなたが肉体を、自分は肉体だと信じている人たちの心に達するために利用するならば、」"and teach them ~ "「そして、肉体を通して彼らに、自分は肉体だというのは正しくないのだと教えるならば、」"you will understand ~ "「あなたは、あなたの中にある心のパワーを理解するようになるだろう」。ここの"understand"は理性による理解ではなく、叡智による直覚。すなわち、ヴィジョンを獲得することになる。



If you use the body for this and only for this, you cannot use it for attack. In the service of uniting it becomes a beautiful lesson in communion, which has value until communion is. 
  • in the service of : 「〜に仕えて」
  • communion [kəmjúːnjən] : 「霊的な交わり、交流」
  • value [vǽljuː] : 「価値、真価」
❖ "If you use the body ~ "「もし、あなたがこのことのために、このことのためだけに肉体を使うなら、」" you cannot use ~ "「あなたは、肉体を攻撃のために使うことは出来まい」。"In the service ~ "「肉体を心の結合のために使えば、肉体は霊的交流の美しいレッスンになるだろう」。"which has value ~ "「しかし、肉体が価値をもつのは、霊的交わりが出来るまでである」。心が霊的交流を獲得するために、ヴィジョンを得るレッスンの補助装置として肉体は使われる。肉体の役割が終われば、肉体の存在はそこまでのこと。肉体は消滅する。



This is God's way of making unlimited what you have limited. 
  • unlimited : 「制限のない、無制限の」
❖ "This is God's way ~ "「これが、あなたが制限を設けたものを制限のないものにする、神のやり方である」。肉体という制限のあるものを使って、霊的交流という制限のないものを得る方法。制限のないものが一旦手に入ってしまうと、制限のあるものはその価値を失う。



The Holy Spirit does not see the body as you do, because he knows the only reality of anything is the service it renders God on behalf of the function he gives it.
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
  • service [sə́ːrvəs] : 「役に立つこと、奉仕」
  • render [réndər] : 「〜を与える、提供する」
  • render A B : 「AにBを与える、示す」
  • on behalf of : 「〜のために、〜に利するように」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、役割」
❖ "The Holy Spirit does ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが見るようには、肉体を見てはいない」。"because he knows ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは〜を知っているからだ」。"the only reality ~ "「いかなるものであれ、その唯一の実相は、それが神に提供する機能である」。"on behalf of ~ "「神が与えた役割のために」。科学は肉体を、実体をもった物質と見ているが、ホーリー・スピリットは肉体の実相をそうは見ていない。肉体は神が創造したものではないが、肉体には神が与えた機能(function)がある。肉体の機能はコミュニケーションの手段になるという機能(役割)である。その、神が与えた役割に逆らうことなく、それに利するように(on behalf of)、肉体が機能を働かせて神にサービスを返すのである(the service it renders God)。つまり、神の意図にそって、肉体が働くのである。その働きが、肉体のもつ実相(reality)ということになる。具体的には、肉体はコミュニケーションの手段としての機能をもち、その機能を発揮して、神とのコミュニケーションを果たしていくところに肉体の実相があり、それが肉体の役割だ。ホーリー・スピリットは肉体をその様に見ている。そして、ひとたび、肉体のもつコミュニケーションの手段としての機能が果たされ、神との、あるいは心と心の霊的交流が確立すれば、肉体の役割はそこで終わり、肉体の価値は消える。肉体は消滅するのだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp