●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VI.5:1 ~ T-13.VI.6:7

5. The miracle enables you to see your brother without his past, and so perceive him as born again.

  • enable [enéibl] : 「〜を可能にする、〜に可能性を与える」
  • enable A to do : 「Aが〜することを可能にする」
  • perceive [pə(r)síːv] :「知覚する、〜を把握する、〜だと分かる」
  • be born again :「更生する、生まれ変わる」
❖ "The miracle enables ~ "「奇跡は、あなたが同胞を、彼の過去を抜きにして見ることを可能とさせ、それゆえ、彼を生まれ変わったものとして知覚できるようにしてくれる」。ここは主語と述語を反転させて解釈すると通りがいい。つまり、過去にとらわれずに同胞を見、生まれ変わった者として彼を知覚することが、まさに奇跡であるのだ。



His errors are all past, and by perceiving him without them you are releasing him. And since his past is yours, you share in this release.
  • error [érə(r)] : 「誤り、間違い、ミス」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
❖ "His errors are all ~ "「同胞の過ちはすべて過去のものであって、その過去の過ちを見ずに彼を知覚することで、あなたは彼を解放するのである」。"And since his past ~ "「そして、同胞の過去はあなたの過去でもあるので、あなたはこの解放を分かち合うのである」。自他一如、彼の過去はあなたの過去でもある。そして、同様に自他一如、彼が解放されることはあなたが解放されることでもあるのだ。



Let no dark cloud out of your past obscure him from you, for truth lies only in the present, and you will find it if you seek it there.
  • dark [dɑ́ː(r)k] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • cloud [kláud] : 「雲」
  • obscure [əbskjúə(r)] : 「曖昧にする、〜を暗くする、見えなくする」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • lie [lái] : 「ある、横たわっている」
  • present [préznt] : 「今、現在」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
❖ "Let no dark cloud ~ "「あなたの過去から立ち昇る黒雲が、あなたの(視界から)あなたの同胞を見えなくすることのないようにしなさい」。つまり、あなたが過去にこだわって、本当の同胞の姿を見失わないようにしなさい、ということ。"for truth lies ~ "「なぜなら、真実は現在の中だけにあるのであって、」"and you will find ~ "「もしあなたが、現在において真実を探し求めるならば、あなたはその真実を見出すことになるだろう」。



You have looked for it where it is not, and therefore have not found it. Learn, then, to seek it where it is, and it will dawn on eyes that see.
  • look for : 「〜を探す」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」
  • Learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、〜を学ぶ」
  • dawn [dɔ́ːn] : 「分かり始める、見え出す」
  • dawn on : 「〜に理解され始める」
❖ "You have looked for ~ "「あなたは、真実が存在しないところに真実を求めてきた」。つまり、過去に真実を求めてきたが、過去に真実は存在しない。"and therefore have ~ "「それゆえ、あなたは真実を見出せなかった」。"Learn, then, to seek ~ "「そこで、真実の存在するところに真実を探し求めることを学びなさい」。"and it will dawn ~ "「そうすれば、見ようとする目に、真実が見えてくるだろう」。真実を見出したいならば、現在だけにこだわれ、ということ。



Your past was made in anger, and if you use it to attack the present, you will not see the freedom that the present holds.
  • anger [ǽŋgə(r)] : 「怒り、憤り」
  • in anger : 「怒って」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
❖ "Your past was ~ "「あなたの過去は怒りの内に作られた」。"and if you use ~ "「そして、もしあなたが、現在を攻撃するためにその過去を使ったなら、現在が保持する自由を見失ってしまうだろう」。現在は解放のためにあるのであって、攻撃対象とすべきではない。ところで、過去は怒りの内に作られた、とあるが、すべての過去が怒りによって作られたという意味ではないだろう。現在に大きな影響を与える過去は大方怒りの感情によって作られ、現在を対象とした攻撃材料に使われる、と言いたいのだと解釈しておこう。



6. Judgment and condemnation are behind you, and unless you bring them with you, you will see that you are free of them.
  • Judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見、分別」
  • condemnation [kɑ̀ndemnéi∫n] : 「激しい非難、糾弾」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に、〜の裏側に、〜の陰に」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • be free of : 「ない、免除されている」
❖ "Judgment and ~ "「判断と非難はあなたの後方にある」。判断し、非難したいという思いは、あなたの意識のずっと後方にあるに過ぎない。"and unless you bring ~ "「そして、あなたが判断と非難をあなたと共に連れて来ない限り、」つまり、判断、非難したい気持ちを、意識の後方からわざわざ前面にもち出さない限り、"you will see that you ~ "「あなたは、そんなものをもっていないことが分かるだろう」。判断と非難から自由だと分かるであろう。だから、判断と非難を眠らせたままにしておけばいいのだ。



Look lovingly upon the present, for it holds the only things that are forever true.
  • lovingly [lʌ́viŋli] : 「愛情を込めて、優しく」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Look lovingly upon ~ "「愛をこめて、現在という時を見つめなさい」。"for it holds the only ~ "「なぜなら、現在こそが、永遠に真実である唯一のものを保持しているからだ」。まわりくどい言い方をしているが、要するに、現在こそが唯一、永遠に真実であるから、ということ。神の住まう実相世界は永遠に真実である世界なのだが、その実相世界と接点を持てるのは、過去でも未来でもなく、この現在だけである。そういったことを言いたいのであろう。



All healing lies within it because its continuity is real. It extends to all aspects of the Sonship at the same time, and thus enables them to reach each other.
  • lie [lái] : 「ある、横たわっている」
  • continuity [kɑ̀nt(ə)n(j)úːəti] : 「連続性、継続性」
  • extend [iksténd] : 「伸びる、広がる」
  • extend to : 「〜にまで及ぶ」
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面、特徴、外観、景観、光景、様子」
  • all aspects of : 「〜の局面すべて、〜の側面すべて」
  • at the same time : 「同時に、一緒に、加えて、一度に」
  • enable [enéibl] A to do : 「Aが〜するのを可能にする」
  • reach [ríːt∫] : 「〜に届く、〜に手を差し出す、〜に達する」
  • each other : 「お互いに」
❖ "All healing lies ~ "「すべてのヒーリングは現在の中にある」。"because its continuity ~ "「なぜなら、その連続性こそが実在であるから」。過去でも未来でもなく現在だけが実相との接点をもっている。実相世界の永遠不変性は、したがって現在という時の中の連続性として把握される。つまり、現在この瞬間に永遠性、連続性を感じられたとき、その瞬間が実在である(real)。それがまさにヒーリングに結びつくのである。なぜなら、ヒーリングとは実相への目覚めだからである。"It extends to all ~ "「ヒーリングは、同時に、神の子のあらゆる側面に拡大する」。本来一つであった神の子の心が分裂し、多くの神の子が存在するかに見えるが、自他一如であり、神の子は一人である。したがって、一人の神の子のヒーリングはすべての神の子に同時に波及するのである。"and thus enables ~ "「そしてヒーリングは、このようにして、神の子が互いに手の届くようにしてくれるのである」。同時にヒーリングされた神の子達は本来自分たちが一体であったことを思い出して、心を再統一する方向に向かう。互いに接近し、忘れていた絆を再び結ぶようになるのだ。



The present is before time was, and will be when time is no more. In it are all things that are eternal, and they are one.
  • no more : 「もはや〜しない、それ以上〜ない」
  • eternal [itə́ː(r)nl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
❖ "The present is ~ "「現在という時は、時間が存在する前からあったし、」"and will be when ~ "「時間がもはやなくなっても存在し続けるのである」。現在という時だけが実相と接点をもち、実在する。時間が存在しようがしまいが、現在のこの一瞬は実相の永遠性を帯びてここにある。"In it are all things ~ "「現在という時の中に、永遠なるすべてのものが存在する」。"and they are ~ "「そして、すべては一つなのだ」。実相世界は一元論の世界である。実相世界のすべての実在は、究極的に一点に収斂する。それが"Go is"「神ありき」であり、究極的にすべてが神に収斂し、吸収され、神だけが存在する世界となる。たとえば、極言すれば、あなたという存在は究極的に神に化身するのである(神人一体)。



Their continuity is timeless and their communication is unbroken, for they are not separated by the past. Only the past can separate, and it is nowhere.
  • continuity [kɑ̀nt(ə)n(j)úːəti] : 「連続性、継続性」
  • timeless [táimlis] : 「永久の、永遠の」
  • communication [kəmjùːnikéi∫n] : 「伝達、通信、連絡、交信 」
  • unbroken : 「壊れていない、完全な、連続した、破られない、不屈の」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
  • nowhere [nóu(h)wèə(r)] : 「どこにも〜ない」
❖ "Their continuity is ~ "「永遠なるものの連続性は無時間であり、」"and their communication ~ "「彼らのコミュニケーションは壊されることがない」。永遠性を分かち合っているので、コミュニケーションが断裂することはない。"for they are not ~ "「なぜなら、永遠なるものは過去によって分離されることはないからだ」。過去の出来事は幻想であり、現在という時を汚すことはない。したがって、過去を理由にコミュニケーションが断裂することはなく、分離も起きない。"Only the past can ~ "「過去だけが分離するのである」。" and it is ~ "「そして、過去はどこにも存在しない」。過去は現在という時から分離し、崩壊していく。過去は幻想だから、実在の現在と和解することは出来ないのだ。過去は崩壊し、そして無に帰する。過去は存在さえ出来ないのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp