●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VII.2:1 ~ T-13.VII.3:7

2. The world you see must be denied, for sight of it is costing you a different kind of vision.

  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • sight [sáit] : 「見ること、見えること」
  • cost [kɔ́(ː)st] : 「〜に負担をかける、犠牲を払わせる、〜に…を失わせる」
  • different [díf(ə)r(ə)nt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • kind [káind] : 「種類、質、性質、本質」
❖ "The world you see ~ "「あなたが見ている世界は否定されなければならない」。"for sight of it is ~ "「なぜなら、この世界を見ることは、あなたに違った種類のヴィジョンを失わせているからだ」。この幻想の世界を見ることで、真の実在する実相世界を見ることが失われている。したがって、今目の前に展開している幻想世界を、あなたは否定しなくてはならない。



You cannot see both worlds, for each of them involves a different kind of seeing, and depends on what you cherish.
  • both [bóuθ] : 「両方の、双方の」
  • involve [invɑ́lv] : 「〜を含む、伴う、必要とする、〜に伴って生じる」
  • seeing [síːiŋ] : 「見ること、視覚、視力」
  • depend [dipénd] : 「〜次第である、〜による」
  • depend on : 「〜によって決まる、〜次第である」
  • cherish [t∫éri∫] : 「〜を大事にする、大切にする」
❖ "You cannot see ~ "「あなたは両方の世界を見ることは出来ない」。"for each of them ~ "「なぜなら、そのどちらも、違った種類の視覚力を必要とするからだ」。幻想世界を見るには感覚器官として目が必要であるし、実相世界を見るには、いわば心の目が必要である。"and depends on ~ "「そして、両者とも、あなたが何を大切に思っているかということに依存する」。あなたが幻想世界を大切に思っているなら、幻想世界が見え、実相世界が大切だと思っているなら、実相世界が見えてくる。



The sight of one is possible because you have denied the other.
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る」
❖ "The sight of one ~ "「一方の世界だけを見ることは可能である」。"because you have ~ "「なぜなら、あなたはもう一方の世界を否定したのだから」。一方を否定し、放棄することで、他方が見えてくる。



Both are not true, yet either one will seem as real to you as the amount to which you hold it dear.
  • either [íːðə(r)] : 「どちらか一方の」
  • amount [əmáunt] : 「量、総計、価値」
  • hold dear : 「大切にする」
❖ "Both are not ~ "「両方の世界が(同時に)真実だということはない」。"yet either one will ~ "「そうではなく、どちらか一方だけが、あなたがそれを大切にする、その重みと同じくらい、あなたにとって現実のように見えるのである」。あなた次第で、世界の現実味が左右される。



And yet their power is not the same, because their real attraction to you is unequal.
  • and yet : 「それなのに、それにもかかわらず、なおかつ」
  • same [séim] : 「同じの、同じ、同一の、変わらない」
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、引力、魅力」
  • unequal [ʌníːkw(ə)l] : 「同じでない、同等でない」
❖ "And yet their power ~ "「なおかつ、両世界のもつパワーは同じでない」。"because their real ~ "「なぜなら、あなたを引きつける実際の魅力は、(両者の世界で)等しくないからだ」。物質的なものに関心があるなら幻想の世界に引きつけられるだろうし、精神的なものに関心があるなら実相の世界に引きつけられるだろう。つまり、魅力を感じる方向がまったく異なるのである。



3. You do not really want the world you see, for it has disappointed you since time began. The homes you built have never sheltered you.
  • really [ríː(ə)li] : 「実際には、ほんとうは、確かに」
  • disappoint [dìsəpɔ́int] : 「〜を落胆させる、失望させる」
  • built [bílt] : 「build の過去形」
  • shelter [∫éltə(r)] : 「〜を保護する、避難する、かくまう」
❖ "You do not really ~ "「あなたは、あなたの見ている世界を、実際は望んでいない」。"for it has disappointed ~ "「なぜなら、その世界は、時間が始まって以来、あなたを失望させ続けて来たからだ」。"The homes you built ~ "「あなたが建てた家は、決してあなたを保護することはなかった」。ここで言っている「家」は比喩であって、この世界であなたが作ったものがあなたを安心させることはない、といった意味合い。なぜなら、この幻想世界では、すべては変化流動し、崩壊しないものはないからだ。



The roads you made have led you nowhere, and no city that you built has withstood the crumbling assault of time.
  • led [léd] : 「lead の過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • nowhere [nóu(h)wèə(r)] : 「どこにも〜ない」
  • withstood : 「withstand の過去・過去分詞形」
  • withstand [wiðstǽnd] : 「〜に抵抗する、逆らう、耐える」
  • crumble [krʌ́mbl] : 「粉々に崩れる、粉々に砕ける、ボロボロになる」
  • assault [əsɔ́ːlt] : 「攻撃、暴力、暴行」
❖ "The roads you made ~ "「あなたが作った道は、あなたをどこにも導いてくれなかった」。"and no city that ~ "「そして、あなたが作った街は、時間によってぼろぼろにされることに耐えている」。



Nothing you made but has the mark of death upon it. Hold it not dear, for it is old and tired and ready to return to dust even as you made it.
  • mark [mɑ́ː(r)k] : 「印、記号、標章」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、死者」
  • hold dear : 「大切にする」
  • tired [táiə(r)d] : 「疲れた、使い尽くした」
  • ready [rédi] : 「用意ができている、支度が整った」
  • be ready to : 「いつでも〜できる、すぐに〜できる」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「戻る、帰る、返還する」
  • dust [dʌ́st] : 「ほこり、ちり、煤塵、粉塵、塵埃」
  • even as : 「〜にもかかわらず、〜なのに」
❖ "Nothing you made ~ "「あなたが作ったものは何でも、その上に死のマークを付けている」。"Hold it not ~ "「そんなものを大切にしてはならない」。"for it is old and ~ "「なぜなら、たとえあなたが作ったものとは言え、それは古びて使い果たされ、今にも塵芥に帰するものだからである」。



This aching world has not the power to touch the living world at all.
  • ache [éik] : 「痛む、うずく」
  • aching : 「痛む、うずく」
  • touch [tʌ́t∫] : 「〜に触れる、〜に接する、影響を与える」
  • living [líviŋ] : 「現存する、活気のある、生命のある」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "This aching world ~ "「この胸の痛むような世界は、命の世界に触れるだけのパワーが全くない」。幻想世界と実相世界は完全に断絶しており、幻想世界が実相世界に接触する、あるいは近づくことは出来ない。



You could not give it that, and so although you turn in sadness from it, you cannot find in it the road that leads away from it into another world.
  • although [ɔː(l)ðóu] : 「〜だけれども、〜ではあるが」
  • turn in : 「向きを変える、中へ入る、内側に曲がる」
  • sadness [sǽdnəs] : 「悲しさ、悲しみ、不幸」
  • lead away : 「連れ去る」
  • another [ənʌ́ðə(r)] : 「もう一つの、別の、ほかの」
❖ "You could not ~ "「あなたは、そんなパワーをこの世界に与えることが出来なかった」。"and so although ~ "「そして、たとえあなたが、この世界から目を背けて悲しみに沈んだとしても、」"you cannot find ~ "「あなたは、この世界からあなたを連れ出し、別の世界へとあなたを導いてくれる道を、その悲しみの中に見つけることは出来ないのだ」。いわゆる悲観哲学、悲観的宗教、つまり、悲観論は、実相世界への橋渡しの役を果たすことは出来ない。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp