●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VI.9:1 ~ T-13.VI.10:9

9. Shine on your brothers in remembrance of your creator, for you will remember him as you call forth the witnesses to his creation.

  • Shine [Shine] : 「輝く、光る」
  • remembrance [rimémbr(ə)ns] : 「記憶、思い出、回想、記念」
  • in remembrance of : 「〜の記念に、〜をしのんで」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • call forth : 「呼び起こす、〜を引き出す」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
❖ "Shine on your brothers ~ "「神を思い出しながら、あなたの同胞達のその上で輝きなさい」。"for you will remember ~ "「なぜなら、あなたが、神が創造したものへの証言を呼び集めるにしたがって、あなたは神を思い出すであろうから」。意味の取りにくい部分であるが、イメージで解釈しよう。あなたは神の子として光り輝いている。その神聖な光は同胞達の上に降り注ぎ、同胞達の真の姿が浮かび上がってくる。それは、同胞達もまた神の創造した神の子であり、彼らの中にキリストが住まっていることが分かるのである。こうして、神の創造を証言する神の子達がそこに集い、あなたは心の奥にしまい込んでいた思い出、創造主にして父なる神を思い出し始めるのである。



Those whom you heal bear witness to your healing, for in their wholeness you will see your own.
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
  • bear [béə(r)] : 「生む、生み出す、持つ、有する、負う」
  • bear witness : 「証言する」
  • wholeness [hóulnis] : 「全体性、完全性」
❖ "Those whom you ~ "「あなたがヒーリングを施した者たちは、あなたがヒーリングされたことを証言する」。"for in their wholeness ~ "「なぜなら、彼らの完全性の中に、あなたはあなた自身の完全性を見るであろうからだ」。まさに自他一如である。あなたがヒーリングを施すことで、同胞は完全性を取り戻し、同時に、あなたもヒーリングされて、あなたの完全性を取り戻すことが出来るのである。



And as your hymns of praise and gladness rise to your Creator, he will return your thanks in his clear answer to your call.
  • hymn [hím] : 「賛美歌、聖歌」
  • praise [préiz] : 「称賛、褒めること、賛美」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜び、うれしさ」
  • rise [ráiz] : 「上がる、上昇する、昇る」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • return one's thanks : 「〜に礼を言う」
  • clear [klíə(r)] : 「きれいな、澄んだ、透明な、明らかな」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "And as your hymns ~ "「そして、あなたの(神への)称賛と喜びの賛美歌があなたの創造主(の元)へと昇って行くと、」"he will return your ~ "「神は、あなたの呼びかけに対する清らかな答えとして、あなたに礼を返してくれるだろう」。ここは理屈を考えずに読み流していこう。



For it can never be that his Son called upon him and remained unanswered.
  • call upon : 「呼び掛ける、求める、要求する、招く」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • unanswered : 「返答のない、うやむやにされた、報われない」
❖ "For it can never ~ "ここは"it is ~ that ~ "の構文、「なぜなら、神の子が神に呼び掛けて、返答のないままにされることは決してないからだ」。



His call to you is but your call to him. And in him you are answered by his peace.
  • call to : 「〜への呼び掛け」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答える、返事する」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "His call to you ~ "「神のあなたへの呼び掛けは、あなたの神への呼び掛けである」。"And in him you are ~ "「そして、神の中で、あなたは神の平和によって答えられるのである」。さて、短い文章だが難解だ。一元論的な見方をすれば、あなたと同胞が自他一如であるように、神とあなたは究極的に神人一体である。そういう視点からの解釈もあり得る。または、神はすべてを包摂する(all-encompassing)ので、神はもちろんあなたを包含し、あなたの内部のすべてに浸透している。そこで、あなたの内部から発せられた神への呼び掛けは、あなたの内部の神が発したあなたへの呼び掛けと同一視してもかまわない。そんな解釈も成立するだろう。神は永遠不変に愛と喜びと平和と慈悲と恵み中に住まう。したがって、神の答えは愛と喜びと平和と慈悲と恵みそのものに違いない。あなたは神に包摂されて、愛と喜びと平和と慈悲と恵みの答えを聞くのである。



10. Child of Light, you know not that the light is in you. Yet you will find it through its witnesses, for having given light to them they will return it.
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜を介して」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
❖ "Child of Light, you ~ "「光の子よ、あなたは、光があなたの中にあることを知らない」。"Yet you will find it ~ "「しかし、あなたはその光を、光の証言者を通して見つけることが出来るだろう」。"for having given light ~ "「なぜなら、証言者達に光を与えたのだから、彼らは光を返してくれるだろうからだ」。あなたは自分が発している光に気付いていない。ここでの光は、実際の光と考えてもいいし、愛や慈悲や恵みの象徴としての光と考えてもいい。あなたの周りの同胞があなたの光を受けて、光を返してくれるわけだ。そうして、あなたは自分が光を発していたことを知ることになる。たとえば、あなたは自分のもっている愛のパワーに気付いていないかもしれない。しかし、あなたが愛をもって同胞に接するとき、同胞はその愛に応えてあなたに愛を返して来るだろう。そのとき、あなたは自分の愛のパワーを知ることになる。



Each one you see in light brings your light closer to your awareness. Love always leads to love.
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • close [klóus] : 「近い、接近した、近接した」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • lead [líːd] : 「〜に通じている、〜を導く、案内する」
  • lead to : 「〜に通じる、〜につながる、〜を引き起こす、〜をもたらす」
❖ "Each one you see ~ "「あなたが光の中で見た同胞の一人一人が、あなたの光をあなたが認識できるほど近くに持ってきてくれる」。あなたの愛という光を受けて、同胞は喜びという光をあなたに返す。その光によって、あなたは自分が発する愛の光を認識出来るようになる。"Love always leads ~ "「愛は常に愛をもたらすのだ」。愛が分かち合われるということ。分かち合われて、愛は拡張増大していく。



The sick, who ask for love, are grateful for it, and in their joy they shine with holy thanks.
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する、〜を要する」
  • grateful [gréitfl] : 「感謝する、感謝している、ありがたく思う」
  • be grateful for : 「〜に感謝している」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "The sick, who ask ~ "「病気の者は、愛を求めているのだが、彼らはあなたの愛に感謝する」。"and in their joy they ~ "「そして、彼らは喜びの内に、神聖な感謝の気持ちをもって輝くのである」。ACIMで言う病気は、愛の欠如である。あなたが愛の光を発し、病の者をヒーリングすることで彼らは癒され、彼らは喜びと感謝に満ちながら光り輝くのである。



And this they offer you who gave them joy. They are your guides to joy, for having received it of you they would keep it.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
  • guide [gáid] : 「案内人、ガイド、案内者、指導者」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
❖ "And this they offer ~ "「そして、彼らは、喜びを与えてくれたあなたにこの感謝をささげるのである」。"They are your ~ "「彼らはあなたの、喜びへの案内人でもある」。"for having received ~ "分詞構文、理由、「なぜなら、彼らは喜びをあなたから受け取ったので、」"they would keep ~ "「彼らはその喜びを持ち続けるであろうからだ」。あなたが与えた喜びを彼らは保持し、あなたに感謝をささげ、今度は、あなたを喜びへと導いてくれる。喜びを分かち合うのである。



You have established them as guides to peace, for you have made it manifest in them. And seeing it, its beauty calls you home.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する、固定する、定着させる」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
  • beauty [bjúːti] : 「美、美しさ」
❖ "You have established ~ "「あなたは彼らを、平和への案内役として確立したのである」。ここの平和は前文の喜びに置き換えていい。"for you have ~ "「なぜなら、あなたは彼らの中に、その平和を明白にしたからである」。つまり、彼らは自分の心の中の平和を自覚し、彼らが、今度は自分たちが率先して喜びや平和への道案内をするべきだと気付いたわけである。"And seeing it, its beauty ~ "ここは意訳する、「そして、その平和を見るにつけ、その美しさがあなたに帰郷を促しているように思えるだろう」。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp