●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VII.8:1 ~ T-13.VII.9:8

8. The peace of God passeth your understanding only in the past. Yet here it is, and you can understand it now.

  • pass [pǽs] : 「通り越す、追い越す、越える、超越する」
  • eth : 「三人称単数現在形の動詞の語尾につける」
  • understanding [ʌ̀ndərstǽndiŋ] : 「理解、思慮、理解力」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • in the past : 「昔は、従来、これまで」
❖ "The peace of God passeth ~ "「神の平和はあなたの理解を越えるとされたのは過去のことに過ぎない」。"Yet here it is, and ~ "「しかし、神の平和はここにあり、今やあなたは神の平和を理解できるのである」。あなたが実相世界に入ることが出来れば、あなたは神の平和を理解することが出来る。実相世界では、神は超越的概念ではなく、まさに子にとっての親と同じ存在となる。親の平和は子の平和であり、したがって、あなたは神の平和を理解することが出来るのである。



God loves his Son forever, and his Son returns his Father's Love forever.
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「〜を返す、戻す、返却する、〜に答える、答申する」
❖ "God loves his ~ "「神は永遠に神の子を愛し、」"and his Son returns ~ "「神の子は永遠に神の愛に答える」。ここの"returns his Father's Love"であるが、神の愛を返すと訳すると誤解が生じる。神の愛に答えて、神の子も神に愛を贈るのである。



The real world is the way that leads you to remembrance of the one thing that is wholly true and wholly yours.
  • way [wéi] : 「道、進路、方法、やり方、手段」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出、回想、思い出させるもの」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
❖ "The real world is ~ "「実相世界とは、あなたに、完全に真実であり完全にあなたのものである一つの事を思い出させる方法である」。硬い表現をしているが、要するに、実相世界に入れば、完全に真実であなたのものである一つの事を思い出すことになる、という意味。さて、一つの事ととは何か? ここでは具体的に書いていないが、恐らくは、あなたが神の子であって、神の属性をすべて継承していることであろうと思われる。つまり、実相世界におけるあなたの実存である。



For all else you have lent yourself in time, and it will fade. But this one thing is always yours, being the gift of God unto his Son.
  • lent [lént] : 「lend の過去・過去分詞形」
  • lend [lénd] A B : 「AにBを貸す、AにBを与える」
  • fade [féid] : 「消えていく、弱まる、薄くなる、薄れる」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「常に、いつも」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
❖ "For all else you have ~ "「なぜなら、その他のものすべては、時間という枠の中で、あなたがあなた自身に与えたものであり、それは消えていくであろう」。神から継承した真実の機能、実存以外は、あなたが時間の世界、つまり幻想世界において勝手に幻想したものであって、消滅する運命にある。"But this one thing ~ "「しかし、この一つの事は常にあなたのものである」。"being the gift of ~ "分詞構文、理由、「それは、神からあなたに与えられた贈り物であるからだ」。神は神の属性のすべてを神の子であるあなたに贈り物として贈与したのである。それは永遠不変にあなたのものである。



Your one reality was given you, and by it God created you as one with him.
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • creat [kriéit] : 「〜を創造する、作り出す」
❖ "Your one reality ~ "「あなたのたった一つの実相はあなたに与えられたのである」。神の子としての実存が、神によって創造された。"and by it God created ~ "「そして、その実相によって、神はあなたを、神と一体のものとして、あなたを創造したのである」。ここの"by it"「その実相によって」とは、「神の子の実相にふさわしいように」といった意味合いであろう。神はあなたの存在を創造しただけではなく、神と神の子の強い絆をそこに設けた。その絆はあまりにも強いので、神と神の子は一体となるのである。



9. You will first dream of peace, and then awaken to it.
  • first [fə́ː(r)st] : 「一番目に、一等で、一位で」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚ます、目覚める」
❖ "You will first ~ "「あなたは初め、平和を夢見るであろう」。"and then awaken ~ "「その後、平和に目覚めるであろう」。



Your first exchange of what you made for what you want is the exchange of nightmares for the happy dreams of love.
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「換えること、交換、交換されるもの」
  • exchange of A for B : 「AをBに換えること」
  • nightmare [náitmὲər] : 「恐ろしい夢、悪夢」
❖ "Your first exchange of ~ "「あなたの最初の、あなたが作ったものをあなたが望むものに換えることは、悪夢を幸せな愛の夢に換えることである」。幻想の世界を捨て、あなたが望む実相の世界を手に入れることが、あなたの最初にして最大の仕事となる。



In these lie your true perceptions, for the Holy Spirit corrects the world of dreams, where all perception is.
  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
❖ "In these lie your ~ "「その中に、あなたの真の知覚が存在する」。悪夢を愛の夢に変える作業の中で、あなたの知覚が真の知覚に変化していく。"for the Holy Spirit ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットが夢の世界を正してくれるからだ」。"where all perception ~ "「その夢の世界にすべての知覚が存在するのである」。夢の世界を正すとは、世界そのものを改造するという意味ではなく、夢の世界を知覚する、その知覚のし方を正す、という意味合いであろう。我々の肉体的感覚器官によるすべての知覚は、幻想のこの世界の現象を対象としている(where all perception is)。そして、我々は感覚したものが実在であると信じ込んでいる。知覚それ自体を信じていると言ってもいい。しかし、真実は、幻想を知覚しているだけなのである。我々の知覚は、したがって、錯覚である。その誤りを、ホーリー・スピリットは正してくれる。幻想世界の知覚を正し、究極的には実相世界の叡智(Knowledge)へと導いてくれるのである。



Knowledge needs no correction. Yet the dreams of love lead unto knowledge.
  • Knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • correction [kərék∫n] : 「訂正、矯正、修正、是正」
  • lead unto : 「〜に通じる、〜につながる」
❖ "Knowledge needs ~ "「叡智は修正を必要としない」。"Yet the dreams of ~ "「愛の夢は叡智へと続くのである」。叡智は実相世界の認識の仕方であって、実相である以上、誤りという対立概念を含まない。したがって、修正の必要はないのだ。



In them you see nothing fearful, and because of this they are the welcome that you offer knowledge.
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、怖い」
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎、歓待」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
❖ "In them you see ~ "「愛の夢の中に、あなたは恐ろしいものなど何も見ない」。"and because of this ~ "「このことによって、愛の夢は歓迎の印なのである」。"that you offer ~ "直訳すると「あなたが叡智を歓迎に差し出す」といった意味合いになるが、ここは意訳して、「愛の夢は、あなたが叡智を歓迎する印なのである」としておこう。悪夢は叡智を遠ざけるだろうが、愛の夢は叡智を歓迎する。愛が叡智へと向かうのである。



Love waits on welcome, not on time, and the real world is but your welcome of what always was.
  • wait on : 「〜を待つ、〜を待機する」
❖ "Love waits on ~ "「愛は歓迎されることを期待して待っているのであり、時間を待っているのではない。」真の愛は実相世界の実在であるので、時間という制限を受けることはなく、永遠に存在し続ける。したがって、愛は、それが生じる時間を待っているのではなく、あなたに受け入れられることを待っているのである。"and the real world is ~ "「実相世界は、常にあるものをあなたが歓迎することなのである」。普通の言い方をすれば、実相世界は永遠不変に存在するものであるから、あなたはそれを歓迎し受け入れればいいのだ、ということ。もっと端的に言うと、あなたは思い出しさえすればいいのである。



Therefore the call of joy is in it, and your glad response is your awakening to what you have not lost.
  • Therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • call [kɔ́ːl] : 「叫び声、呼び声」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • response [rispɑ́ns] : 「応答、感応、反応」
  • awaken [əwéikn] : 「 目を覚まさせる、目覚める」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
❖ "Therefore the call ~ "「したがって、喜びを誘(いざな)う呼び声は、実相世界の中にある」。実相世界があなたに向かって、喜びの輪の中に入るように呼びかけている、といった意味合い。"and your glad response ~ "「そして、あなたの嬉しい反応は、」つまり、喜びを誘う呼び声に対して、あなたが喜びで反応する、ということで、「あなたが失ってはいなかったものにあなたが目覚めたということである」。あなたが喜びをもって反応するとは、あなたの喜びの記憶が反応するのである。あなたがかつて神と共に実相の世界で平和、愛、喜び、等々に満たされて存在していた記憶が蘇るのである。あなたは神から分離し、深い眠りに陥ってしまった。しかし、記憶が失われたのでもなく、ましてや実相を失ったのでもない。今、喜びの呼びかけに対して喜びの反応を返すことで、あなたは眠りから徐々に目覚めていく。そして、思い出すのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp