●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.III.7:1 ~ T-19.III.8:8

7. While you believe that your reality or your brother's is bounded by a body, you will believe in sin.

  • while [(h)wáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • bound [báund] : 「bind の過去・過去分詞形」
  • bind [báind] : 「〜を縛る、結び付ける、巻き付ける」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、過失、罪業」
❖ "While you believe that ~ "「あなたが、あなたの実在性、それに同胞の実在性が肉体に縛られていると信じているうちは、あなたは罪を信じていることになろう」。あなたと同胞の真の実在性は心であるが、その心が幻想の肉体に束縛され制限されていると感じるうちは、あなたは幻想を信じていることを証言しているようなものであって、幻想の罪も信じている証拠となる。



While you believe that bodies can unite, you will find guilt attractive and believe that sin is precious.
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する、合体する」
  • find [fáind] [SVOC] : 「〜であることが分かる、〜に気付く、〜と思う、〜と感じる」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • attractive [ətrǽktiv] : 「引き付ける、興味をそそる、魅力のある」
  • precious [pré∫əs] : 「高価な、貴重な、重要な、大事な、大切な、かわいい」
❖ "While you believe that ~ "「あなたが、肉体は結合され得ると信じているうちは、罪に魅力を感じ、罪は貴重だと信じていることになる」。肉体は分離の象徴であり、結合とはまったく逆の機能をもっている。それに反して、肉体の結合が心の結合につながるなどと信じているうちは、やはり、それは幻想を信じている証拠であって、幻想の罪に価値を置き、心の、ある一面は罪に魅力を感じているのだ。



For the belief that bodies limit mind leads to a perception of the world in which the proof of separation seems to be everywhere.
  • limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • lead [li':d] to : 「〜につながる、結果として〜に導く、結局〜となる、〜を引き起こす」
  • perception [pə(r)sép∫] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • proof [prúːf] : 「証拠立証、証明、証し、裏付け」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • everywhere [évri(h)wèə(r)] : 「どこでも、どこにも」
❖ "For the belief that ~ "「なぜなら、肉体が心を制限していると信じていることは、〜な世界の知覚へとつながるからである」。"in which the proof ~ "「分離の証拠が至る所に存在するように見える」世界の知覚につながるからだ。つまり、分離を象徴するこの幻想の世界だけが見えてきて、それに隠されている実相世界が見えてこないのである。それは、実在の心が幻想の肉体に制限されていると信じている、虚実逆転の信仰のせいである。幻想が実在で、実相は妄想であると信じる信仰である。



And God and his creation seem to be split apart and overthrown.
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • split [splít] : 「引き裂く、バラバラに壊す」
  • split apart : 「解体する」
  • overthrow [òuvə(r)θróu] : 「ひっくり返す、転覆させる、屈服させる」
❖ "And God and his creation ~ "「神と、神の創造したものは、バラバラにされ、ひっくり返されたように見えるだろう」。神の創造した神の子は、互いに分離し、心は分裂し、幻想の物体と実在の心が主客転倒してしまったのだ。物が心を支配しているのである。



For sin would prove what God created holy could not prevail against it, nor remain itself before the power of sin.
  • prove [prúːv] : 「証明する、立証する」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • prevail [privéil] : 「勝つ、勝る、勝利を得る」
  • prevail against : 「〜に打ち勝つ、〜をしのぐ」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
❖ "For sin would prove ~ "「なぜなら、罪は、神が神聖なものとして創造したものは、罪に対して勝利することは出来ず、罪の前では、神聖なものとして存在さえ出来ないのだと、証明しようとしているのだから」。神が神の子を完全なものとして創造したのなら、なぜ神の子は罪を犯すのか? 罪を犯したのだから、完全でもなければ、神聖でもないではないか、ということ。まさに、エゴの論である。ホーリー・スピリットは答える。神の子は完全で神聖であるから、罪を犯したり出来ない。したがって、神の子の罪は存在しない。あなたは、どちらの論を支持するだろうか? おそらく、あなたはホーリー・スピリットの論を支持すると答えるだろう。すると、エゴはこう言う。では、ヒトラーも罪を犯さなかったのだな? ヒトラーも完全で神聖なのだな? さあ、あなたは、どう答えるだろう? 



Sin is perceived as mightier than God, before which God himself must bow, and offer his creation to its conqueror. Is this humility or madness?
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する〜を理解する、〜を把握する」
  • mighty [máiti] : 「強力な、力のある、巨大な、重大な」
  • bow [báu] : 「屈する、屈服する、降参する、頭を下げる」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • conqueror [kɑ́ŋk(ə] : 「征服者、勝利者」
  • humility [hjuːmíləti] : 「謙虚、謙そん、卑下」
  • madness [mǽdnəs] : 「狂気、熱狂、熱中」
❖ "Sin is perceived as ~ "「罪は、神よりも強靭であると知覚される」。悪なる罪が、善なる神に勝利したような構図である。"before which God himself ~ "「神は、罪の前で頭を下げ、神が創造したものを、征服者である罪に差し出すのだ」。"Is this humility ~ "「いったい、これは謙譲か、それとも狂気か」。もちろん、神はこのような二元論的な議論に巻き込まれることは決してない。このように主張するのはエゴだけである。神には、エゴの声すら耳に入らない。もっとも、ホーリー・スピリットはエゴの主張を知っている。だが、エゴに征服されたなどとは露ほども思ってはいない。



8. If sin is real, it must forever be beyond the hope of healing.
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の域を越えて、〜を超越して、〜を越えて」
  • hope [hóup] : 「希望、希望を与えるもの、見込み、期待」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
❖ "If sin is real ~ "「もし、罪が実在的なものであるなら、それは永遠に、ヒーリングの希望を越えたものであるに違いない」。ACIMのヒーリングは、幻想から目覚めて真実を目撃することを意味している。もし、罪が実在的で真実なら、目覚める必要はなく、したがって、ヒーリングは永遠に不可能だ。



For there would be a power beyond God's, capable of making another will that could attack his will and overcome it; and give his Son a will apart from his, and stronger.
  • capable of : 「〜の能力がある、〜の才能がある、〜ができる」
  • another [ənʌ́ðə(r)] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • will [wíl] : 「意志、精神力、意欲、願望」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • overcome [òuvə(r)kʌ́m] : 「克服する、乗り越える、乗りきる」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
❖ "For there would be ~ "「なぜなら、神のパワーを超越したパワーが存在していることになるからだ」。神も実在、罪も実在なら、悪という、神の対極が存在することになり、神の世界の一元論が崩壊する。神の世界を失った神に、はたしてパワーが残されているだろうか? "capable of making ~ "「神を超越したパワーは、神の意思を攻撃し、それに打ち勝つような、もう一つの意思を作り出すことが出来る」。つまり、神の意思と対極をなす、二元論の意思である。悪の意思である。"and give his Son ~ "「そして、神の子に、神とはかけ離れた、より強力な意思を与えるのだ」。その悪の意思に、神の子も染まっていく。



And each part of God's fragmented creation would have a different will, opposed to his, and in eternal opposition to him and to each other.
  • each [íːt∫] : 「それぞれの、一つ一つの、めいめいの」
  • part [pɑ́ː(r)t] : 「一部、部分」
  • fragment [frǽgmənt] : 「砕ける、寸断する」
  • fragmented : 「崩壊した、分裂した、断片化した」
  • creation [kriéi∫] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • different [díf(ə)r(ə)nt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する、敵対する
  • opposed to : 「〜に反対している、〜に向かい合っている」
  • eternal [itə́ː(r)nl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
  • opposition [ɑ̀pəzí∫n] : 「反対、敵対、対立」
  • in opposition to : 「〜に反対で」
  • each other : 「お互い」
❖ "And each part of God's ~ "「そして、砕かれた、神の創造したものたち一人一人は、異なる意思を持つことになろう」。"opposed to his, and ~ "「その意思は、神の意思とは正反対のものであり、」"and in eternal opposition to ~ "「永遠に、神と、そして、神の子同士においても、対立する意思なのである」。これが、神との分離であり、神の子の心の分裂なのである。しかし、一連の叙述は、"If sin is real"「もし、罪が実在的であるなら」という言葉から続いているのだ。しかし、事実は、罪は実在ではない。だから、神との分離も、神の子同士の心の分裂も、実は、実在ではない。幻想なのだ。夢なのである。したがって、これが夢であると正しく認識出来る正しい知覚が、是非とも必要なのだ。



Your holy relationship has, as its purpose now, the goal of proving this is impossible.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの、着点」
  • provide [prəváid] : 「提供する、供給する、与える、もたらす」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
❖ "Your holy relationship ~ "「あなたの聖なる関係性は、今やその目的として、このことが不可能であることを示すという目標を持ったのだ」。聖なる関係性を持つことで正される知覚をもって、罪が実在であることの不可能性をしっかり認識する目標が設定された。



Heaven has smiled upon it, and the belief in sin has been uprooted in its smile of love.
  • smile [smáil] : 「ほほ笑む、微笑する」
  • uproot : 「引っこ抜く、根絶する、追い立てる、引き離す」
  • smile [smáil] : 「ほほ笑み、笑顔」
❖ "Heaven has smiled ~ "「天の王国は、その目的の上で微笑むのだ」。完了形になっているが、ACIMでは時制はあまり気にしないこと。"and the belief in ~ "「そして、罪への信仰は、その愛の微笑みの中で、根こそぎにされるのである」。天の王国の微笑みという光が差して、罪という幻想の黒雲が消えていく。



You see it still, because you do not realize that its foundation has gone. Its source has been removed, and so it can be cherished but a little while before it vanishes.
  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、今もなお」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • foundation [faundéi] : 「土台、礎、基盤」
  • gone [gɔ́(ː)n] : 「go の過去分詞形」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
  • cherish [t∫éri∫] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • while [(h)wáil] : 「少しの時間、時間、期間」
  • vanish [vǽni∫] : 「消える、消えてなくなる、姿を消す、去る」
❖ "You see it still ~ "「あなたは、まだそれが見えるだろう」。罪という幻想の黒雲が、まだ、あなたには見えているかも知れない。"because you do not realize ~ "「なぜなら、罪の基盤が去ってしまったことを、あなたは認識していないからだ」。罪という幻想の黒雲はまだあなたの目に見えている。なぜなら、黒雲の基盤である幻想性が、あなたにはしっかりと理解されていないからだ。"Its source has ~ "「罪を生み出した源は、取り去られた」。罪という幻想を生んだ心の夢が醒めた。"and so it can be cherished ~ "「だから、ほんのしばらくの間、罪は大切に扱われる可能性はあるが、まもなく消滅するのである」。あなたが、あなたの心が罪という幻想を生み出したのだと気付くとき、徐々に、罪の黒雲はあなたの視界から消えていく。



Only the habit of looking for it still remains.
  • habit [hǽbit] : 「習慣、傾向、癖」
  • look for : 「〜を探す、〜を予期する、〜を期待する」
  • remain [riméin] : 「残る、残存する、とどまる、滞在する」
❖ "Only the habit of ~ "「罪をついつい探し求めてしまう癖がしばらく残るだけなのだ」。それも、気にするほどの事ではない。あなたはホーリー・スピリットや神との聖なる関係性を通して、その幻想性に気付き、知覚が修正されて、正しく物事を見ることが出来るようになる。そのとき、罪という黒雲は嘘のように消えていくのである。
 
 
 

Archive

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp