●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.IV.A.5:1 ~ T-19.IV.A.6:9

5. To overcome the world is no more difficult than to surmount your little wall.

  • overcome [òuvə(r)kʌ́m] : 「克服する、乗り越える、乗りきる、切り抜ける」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「難しい、困難な、難解な、」
  • surmount [sə(r)máunt] : 「乗り越える、克服する、突破する、脱する」
❖ "To overcome the world ~ "「世界に打ち勝つことは、あなたの小さな障壁を突破するのに比べて難しいわけではない」。幻想のこの世界から抜け出して実相世界へ移行することは、あなたの心に築いた幻想の壁を取り壊すのと変わらず簡単だ。むしろ、意味合いとしては、一旦、心の障壁を取り壊してしまえば、幻想世界からの脱出は非常に容易になる、ということ。



For in the miracle of your holy relationship, without this barrier, is every miracle contained.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する、収容できる、〜が入っている」
❖ "For in the miracle of ~ "「なぜなら、あなたの聖なる関係性が生み出す奇跡の中には、」"without this ~ "「この心の障壁がなかったら、」"is every miracle ~ "「すべての奇跡が含まれているのだから」。あなたが同胞やホーリー・スピリットと結ぶ聖なる関係性が生み出す奇跡は、あらゆる奇跡を含む。ただし、心に障壁がないときだけ、その奇跡は実現する。つまり、心が解放されて自由になったとき、あなたは奇跡を自在に起こせるのだ。だから、簡単に崩壊させることの出来る心の幻想的障壁を取り除きなさい、ということ。



There is no order of difficulty in miracles, for they are all the same.
  • order [ɔ́ː(r)də(r)] : 「順、順序、順番、順位、序列」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事、難儀、面倒なこと」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
❖ "There is no order of ~ "「奇跡には、難しさの序列は一切ない」。"for they are ~ "「なぜなら、奇跡とは、すべて同じものだからだ」。実相世界は一元論の世界である。その実相世界の奇跡も、究極は単一であり、単一である以上、何の序列もない。難易度は、奇跡にはないのだ。



Each is a gentle winning over from the appeal of guilt to the appeal of love.
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、穏やかな」
  • winning [wíniŋ] : 「勝つこと、勝利、獲得」
  • win over : 「説得する、納得させる、味方に引き入れる、口説き落とす、取り込む」
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、魅力」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
❖ "Each is a gentle ~ "意訳する、「奇跡の一つ一つは、罪の魅力から愛の魅力へ移行させる、優しい説得なのである」。罪への魅力とは、幻想への魅力である。その幻想への魅力(仏教で言うところの煩悩)を断ち切って、実在する実相の愛(仏教で言うところの仏の慈悲)へ心が引かれていくところに、奇跡が存在する。奇跡が、愛を優しく説くのである。むしろ、奇跡が、実相的愛へ引かれる気持ちを生み出すと言った方がいいか。いや、実相的愛を感じるとき、奇跡が生み出されると捉えた方がいいかもしれない。どっちだっていいじゃないか、と言われるかも知れない。その通りで、奇跡と愛は区別出来るものではない、ということだ。



How can this fail to be accomplished, wherever it is undertaken? Guilt can raise no real barriers against it.
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • fail to : 「〜しない、〜しそこなう、〜できない」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する」
  • wherever [(h)we(ə)révə(r)] : 「どこへ〜しても、どこで〜であろうとも」
  • undertake [ʌ̀ndə(r)téik] : 「引き受ける、請け負う、負う、企てる、〜に取り掛かる」
  • raise [réiz] : 「〜を育てる、飼育する、引き起こす」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
  • barrier [bǽriə(r)] : 「障害物、障壁、バリア」
  • against [əgénst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
❖ "How can this fail ~ "「奇跡が行われる所ならどこでも、この愛に引かれることが達成されないわけがない」。必ず、成就する。奇跡が起きれば愛が生まれるのだ。愛が生まれることが奇跡である。つまり、真実が実現することが、奇跡なのである。真実を知ることがヒーリングであるから、したがって、ヒーリングは奇跡である。"Guilt can raise ~ "「罪が、それに対して、実質的なバリアーを生み出すことは出来ない」。幻想の罪が、実相の愛を打ち消すことは出来ない。夢が現実の邪魔することは出来ないのだ。



And all that seems to stand between you must fall away because of the appeal you answered.
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間で、〜の間に」
  • fall [fɔ́ːl] : 「倒れる、滅びる、壊れる、砕ける、崩壊する」
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、魅力」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える、〜に応じる」
❖ "And all that seems ~ "「あなたと同胞の間に立ちはだかっているように見える障害のすべては、あなたが答えた願いによって、必ず崩壊するのだ」。"the appeal you answered"「あなたが答えた願い」とは、幻想の罪を捨てて、実相の愛を選択しなさい、という要求に、あなたが答えた、ということ。真実の愛に答えたのだから、幻想の障害は崩壊、消滅してしまうのである。



From you who answered, he who answered you would call. His home is in your holy relationship.
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "From you who ~ "「願いに応えたあなたから、あなたに答えたホーリー・スピリットが呼びかけるだろう」。どういう意味だろう? "His home is ~ "「ホーリー・スピリットの住家は、あなたの神聖な関係性の中にある」。幻想の罪を捨てて、実相の愛を選択せよという願いはホーリー・スピリットから発せられた。それに答えて、あなたは真実の愛を選択し、障壁は崩壊した。そのあなたが、今度は同胞達に、幻想の罪を捨てて、実相の愛を選択せよと呼びかけるのだ。あなたが呼びかけるのだが、あなたの心の中に住むホーリー・スピリットが呼びかけると思ってもいい。なぜなら、あなたの神聖な関係性の中にホーリー・スピリットは完全に巻き込まれているからだ。言い換えれば、あなたの呼びかけは、すでにホーリー・スピリットの呼びかけと同一になっているのである。あなたの心がホーリー・スピリットの心と融合したのだ。その心の融合こそが、聖なる関係性である。あなたの心にホーリー・スピリットが住み、あなたの心の声はホーリー・スピリットの声となったのだ。



Do not attempt to stand between him and his holy purpose, for it is yours.
  • attempt [ətém(p)t] : 「〜しようと努力する、〜するよう努める、〜を試してみる、〜を企てる」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "Do not attempt to stand ~ "「ホーリー・スピリットと、ホーリー・スピリットの神聖な目的の間に、立ちはだかろうなどと企ててはいけない」。ホーリー・スピリットの神聖な目的の邪魔をしてはいけない。"for it is ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットの目的は、あなたの目的でもあるからだ」。あなたとホーリー・スピリットは融合したのだ。ホーリー・スピリットの目的はあなたの目的であり、あなたの目的はホーリー・スピリットの目的である。ということは、あなたの同胞の目的も、同様のものでなければならない。なぜなら、あなたと同胞は自他一如なのだから。



But let him quietly extend the miracle of your relationship to everyone contained in it as it was given.
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、平穏に、黙って」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する、収容できる、〜が入っている」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "But let him quietly ~ "「そうするのではなく、ただ静かに、ホーリー・スピリットに、あなたの関係性の奇跡を拡張させなさい」。あなたとホーリー・スピリットの聖なる関係性によって、あなたは真実の愛に目覚めるという奇跡を体験した。その奇跡を、あなたの同胞全体に広めるべく、ホーリー・スピリットに拡張を任せなさい。"to everyone contained ~ "意訳する、「愛の奇跡が同胞に与えられるにしたがい、神聖な関係性の中に巻き込まれていくすべての人たちに、」ホーリー・スピリットが拡張することを任せなさい。意味が厳密に把握出来ない部分なのだが、要するに、自他一如の同胞達と愛の奇跡を分かち合えるように、ホーリー・スピリットにその達成を任せるのである。もっとも、あなたとホーリー・スピリットはすでに重なり合っているので、あなたが主体となって、真実の愛の分かち合いをリードしていかなくてはなるまい。そこを誤解すると、ACIMの絶対他力性を理解し損なう。



6. There is a hush in Heaven, a happy expectancy, a little pause of gladness in acknowledgment of the journey's end.
  • hush [hʌ́∫] : 「静けさ、静寂」
  • expectancy [ikspéktənsi] : 「期待、予想、見込み」
  • pause [pɔ́ːz] : 「中断、中止、休止、一時停止」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、承認、認識」
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路、道程、遍歴」
❖ "There is a hush ~ "「天の王国には静寂が広がる」。"a happy expectancy ~ "「幸せな期待、旅を終えたと知って一休みする喜びがある」。幻想世界を彷徨(さまよ)い歩く旅が終わったのである。静けさの中で、ほっと一息つくのだ。実相世界の喜びに、期待は膨らむ。



For Heaven knows you well, as you know Heaven. No illusions stand between you now.
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間に」
❖ "For Heaven knows ~ "「なぜなら、あなたが天の王国を知っているように、天の王国はあなたをよく知っている」。もともと、神から分離する以前は、神の子は天の王国に暮らしていたのだ。"No illusions stand ~ "「いかなる幻想も、今や、あなたと同胞の間に立ちはだかることはない」。実相世界である天の王国に回帰したのだから、そこには幻想の存在する余地はない。



Look not upon the little wall of shadows. The sun has risen over it. How can a shadow keep you from the sun?
  • wall [wɔ́ːl] : 「障壁、城壁、内壁、塀、壁」
  • shadow [∫ǽdou] : 「影、暗がり、人影、陰」
  • risen [rízn] : 「rise の過去分詞」
  • rise [ráiz] : 「昇る、上昇する」
  • keep from : 「〜から〜を避ける、〜から〜を遠ざける」
❖ "Look not upon ~ "「影に過ぎない、小さな障壁を見てはいけない」。幻想の障壁を、二度と心に作ってはいけない。"The sun has risen ~ "「太陽が、影の障壁の上に昇ったのだ」。"How can a shadow ~ "「いったいどうやって、影があなたを太陽から遠ざけることが出来ようか」。幻想の影は、実相の光りに打ち勝つことは出来ない。影は消されるのである。



No more can you be kept by shadows from the light in which illusions end.
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • light [láit] : 「光、ライト、明かり」
❖ "No more can you ~ "「幻想の終わりを告げる光から、影があなたを遠ざけることはもはや出来ないのだ」。闇の幻想は終わった。神の子であるあなたは、文字通り、光の子となったのである。



Every miracle is but the end of an illusion. Such was the journey; such its ending.
  • end [énd] : 「終わり、端、最後、終局、終焉、終点、終了」
❖ "Every miracle is but ~ "「すべての奇跡は、幻想の終焉である」。"Such was the journey ~ "「旅は幻想であり、旅の終わりは奇跡なのだ」。幻想世界を彷徨った旅は、幻想から目覚める奇跡によって終焉した。



And in the goal of truth which you accepted must all illusions end.
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの、着点」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "And in the goal ~ "「あなたが受け入れた真実の目的の中で、すべての幻想は終焉するに違いなのだ」。実相の光の中で、幻想の闇はすべて消滅する。幻想世界の終焉である。宇宙は消滅するのだ。そして、あなたの目の前に、天の王国、光の世界が展開することになる。真実の宇宙である。神に抱かれた世界である。あなたは目撃するのだ。
 
 
 

Archive

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp