●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-24.III.2:1 ~ T-24.III.3:7

2. Whatever form of specialness you cherish, you have made sin.

  • whatever [hwʌtévər] : 「〜するのは何でも、どんな〜が〜でも」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿、体つき」
  • specialness [spéʃəlnis] : 「特別であること、特別性」
  • cherish [tʃériʃ] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
❖ "Whatever form of ~ "「あなたが大切にする特別性がどんな形をとったとしても、あなたは、それを罪にしてしまうのだ」。罪の意識が分離を生み、分離が特別性を生み出していることを思い出そう。特別性と分離と罪は、一連の密接な関係にあるのだ。



Inviolate it stands, strongly defended with all your puny might against the Will of God.
  • inviolate [inváiələt] : 「犯されていない、神聖な、破られていない」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • strongly [strɔ́ːŋli] : 「強く、強力に、たくましく、強硬に」
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
  • puny [pjúːni] : 「小さくて弱い、取るに足りない、つまらない」
  • might [máit] : 「力、権力、勢力」
  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
❖ "Inviolate it stands"「その特別性は、犯されることなく、立ちつくしている」。あなたの特別性は、まだ崩壊することなく保持されている。"strongly defended with ~ "分詞構文、先頭に"being"を補うといい、付帯状況、「神の意思に対抗して、あなたの取るに足らない力のすべてをもって、それでも強力に守られながら」。"strongly"と"your puny might"とが、互いに矛盾する言葉になっているが、本当は小さな力だが、あなたにとってみれば、強力に守っている、といった意味合いだろう。したがって、あなたは、神の意思に対して、強力に特別性を守っているつもりになっているだろうが、その力は弱く、崩壊こそ間逃れているものの、安定性に欠けて、変化流動は避けられない、といった意味合い。



And thus it stands against yourself; your enemy, not God's.
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国」
❖ "And thus it stands ~ "「こうして、特別性は、あなた自身に対抗して立っているのだ」。"your enemy ~ "「あなたの敵であって、神の敵ではない」。 特別性がどんなにあがいても、あなた自身を傷つけるのが精いっぱいであり、神の実相を壊すことは出来ない。幻想の世界には、実相の神の意思に対抗出来るものはないのだ。



So does it seem to split you off from God, and make you separate from Him as its defender.
  • split [splít] : 「裂く、割る」
  • split off : 「割る、割れる、分離する、分裂する、裂く、裂ける」
  • make : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • separate [sép(ə)rət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • defender [diféndər] : 「擁護者、防衛者」
❖ "So does it seem ~ "「特別性は、あなたを神から切り取っているかに見えるだろう」。"and make you ~ "「つまり、特別性を守る者として、神からあなたを分離しているように見えるのだ」。再び言うが、特別性と分離と罪は、一連の密接な関係にあるのだ。特別性は分離を加速する。あなたと同胞を分離するのみならず、当然、あなたと神をも分離するのだ。



You would protect what God created not. And yet, this idol that seems to give you power has taken it away.
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • idol [áidl] : 「偶像、崇拝される人、神像、誤った概念」
  • take away : 「取り上げる、取り除く、持ち去る」
❖ "You would protect ~ "「あなたは、神が創造したものではないものを守ろうとしているのだ」。特別性は神が創造したものではない。神は幻想を創造したりしないのだ。特別性は、あなたが夢の中で作り上げた単なる幻想であり、しかも、あなたはそれを必死で守ろうとしている。"And yet, this idol ~ "「しかし、あなたにパワーを与えているかに見える、この特別性という偶像は、(本当の)パワーを取り去ってしまったのだ」。この幻想世界で、あなたが特別であれば、それに伴って、金力や権力や暴力、等々のパワーは付随してくるであろう。幻想のパワーは身に付いたとしても、真実はその逆で、特別性は、あなたから実相的な本当のパワーを奪ってしまうだ。実相的パワーとは、一言で言えば、奇跡を起こすパワーである。ヒーリングのパワーと言ってもいい。真実を見極めるヴィジョンのもつパワーである。



For you have given your brother's birthright to it, leaving him alone and unforgiven, and yourself in sin beside him, both in misery, before the idol that can save you not.
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • birthright [bə́ːrθràit] : 「生得権、生まれながら持つ権利、当然与えられるべき権利」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする、置き忘れる」
  • alone [əlóun] : 「独りで、唯一の、離れて」
  • unforgiven [ʌ̀nfərɡíviŋ] : 「許されていない」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状」
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜の前に、〜に先立って、〜を前にして、面前で」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "For you have given ~ "「なぜなら、あなたは、あなたの同胞に、特別性という偶像に対する生得権を与えたのだから」。難しい言い回しをしているが、要するに、あなたは、同胞もあなた同様に、生まれながらにして特別性を有する権利があると承認している、ということ。つまり、神を信じる代わりに、特別性という偶像を崇拝する権利、自由があると、あなたは信じているのだ。"leaving him ~ "「その結果、同胞を、孤独で赦されないままに置き去りにし、」"and yourself in sin ~ "「あなた自身は、同胞の傍らで罪の意識に嘖(さいな)まれている」。"both in misery"「あなたも同胞も、共に惨めなのだ」。"before the idol that ~ "「あなたも同胞も救い出せない(特別性という)偶像の前にあっては」。あなたは、天の王国の神を捨て、神から分離し、神に対する罪の意識を持ちながら、特別性という偶像を崇拝するに至った。しかも、あなたの同胞も、生まれながら、特別性をもつ権利があると信じている。しかし、その特別性という偶像を前にして、あなたと同胞は救われることもなく、赦されることもなく、孤独で惨めな存在になっているのである。



3. It is not you who are so vulnerable and open to attack that just a word, a little whisper that you do not like, a circumstance that suits you not, or an event that you did not anticipate upsets your world, and hurls it into chaos.
  • vulnerable [vʌ́lnərəbl] : 「弱い、脆弱な、攻撃を受けやすい」
  • be open to : 「〜を受けやすい」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • whisper [hwíspər] : 「ささやき声、ささやき」
  • circumstance [sə́ːrkəmstæ̀ns] : 「周囲の事情、環境、状況、事情」
  • suit [súːt] : 「適合する、満足させる、合う、似合う」
  • event [ivént] : 「出来事、事件」
  • anticipate [æntísəpèit] : 「予想する、予期する、見込む、期待する」
  • upset [ʌpsét] : 「〜をひっくり返す、転倒させる、転覆させる」
  • hurl [hə́ːrl] : 「〜を強く投げつける」
  • chaos [kéiɑs] : 「無秩序、混乱、混沌」
❖ "It is not you who ~ "「〜というのは、本当のあなたではない」。"who are so vulnerable ~ "ここは"~ so ~ that ~ "の構文、「あまりにも弱々しく、攻撃を受けやすいので、ちょっとした言葉、あなたの嫌いなかすかな囁(ささや)き、しっくり来ない環境、予期せぬ出来事、等々が、あなたの世界をひっくり返し、それを混沌の中に放り投げてしまう」というのは、本当のあなたではない。実相的なあなたは、つまり、神の子としてのあなたは、そんなに弱くない。幻想に対して、もっともっと強いはずだ。



Truth is not frail. Illusions leave it perfectly unmoved and undisturbed.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • frail [fréil] : 「虚弱な、もろい、壊れやすい」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • leave [líːv] : 「ある状態のままにしておく」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • unmoved [ʌ̀nmúːvd] : 「不動の、動じない、心を動かされない、冷静な」
  • undisturbed [ʌ̀ndistə́ːrbd] : 「邪魔されない、乱されない、平穏な、平静な、影響を受けない」
❖ "Truth is not ~ "「真実とは、脆いものではない」。"Illusions leave it ~ "意訳する、「幻想は、真実を動かしたり、乱したりすることは、絶対に出来ないのだ」。幻想が、実相を変えることは出来ない。夜見る夢に出てくるモンスターが、あなたの現実の生活に影響を与えることが出来ないのと同様である。



But specialness is not the truth in you. It can be thrown off balance by anything. What rests on nothing never can be stable.
  • thrown [θróun] : 「throw の過去分詞」
  • throw [θróu] : 「〜を投げる、投じる、投入する」
  • throw off : 「誤らせる、狂わせる、混乱させる」
  • balance [bǽləns] : 「平静、落ち着き、バランス、釣り合い、均衡」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • rest on : 「〜に基礎を置く、基礎は〜にある、〜に基づく」
  • stable [stéibl] : 「しっかりした、安定した、断固とした」
❖ "But specialness is ~ "「しかし、特別性は、あなたの心の中で、真実であることはない」。"It can be thrown ~ "「その特別性は、何かによってすぐ平静さを失ってしまう」。実相の真実が、永遠不変であるのに対して、幻想の特別性は変化流動し、何かの影響をすぐ受けて動揺してしまうのだ。"What rests on ~ "「無の上にあるものは、決して、安定的ではない」。幻想という無の上に描かれたものは、決して安定して存在することは出来ない。幻として、すぐに揺れ動き、消えていくのだ。



However large and overblown it seems to be, it still must rock and turn and whirl about with every breeze.
  • however [hauévər] : 「どんなに〜でも、いかに〜であろうとも」
  • large [lάːrdʒ] : 「大きい、広い、素晴らしい」
  • overblown [óuvərblóun] : 「大げさな、度が過ぎた、誇張された」
  • rock [rɑ́k] : 「揺れ動く、振動する」
  • turn [tə́ːrn] : 「曲がる、回転する、向きを変える」
  • turn about : 「ぐるりと向きを変える、向き直る」
  • whirl [hwə́ːrl] : 「グルグル回る、回りながら進む、急に向きを変える」
  • whirl about : 「くるりと回る」
  • breeze [bríːz] : 「そよ風、微風」
❖ "However large and ~ "「幻想の特別性がどんなに大きく、膨らんでいようとも、」"it still must rock ~ "「それはなお、ほんの微風によってさえ、揺れ動き、ぐるりと向きを変えたり、急に回転したりするのだ」。それほどに、安定性がないということ。対して、真実は、それがどんなに小さく弱々しく見えようとも、どんな強風にも微動だにしない。幻想と実相の、完全な違いである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp