●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-24.IV.4:1 ~ T-24.IV.5:6

4. Earlier I said consider not the means by which salvation is attained, nor how to reach it.

  • earlier [ə́ːrliǝr] : 「前に、先ほど」
  • consider [kənsídər] : 「〜と考える、〜を考慮する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • attain [ətéin] : 「達成する、実現する、手に入れる、獲得する」
  • reach [ríːtʃ] : 「に達する、〜に至る」
❖ "Earlier I said consider ~ "「以前、私は、救いを手に入れるための方法や、救いに至る方法は、考えなくてもいいと言った」。救いに至る方法は、ホーリー・スピリットが教えてくれるのであって、あなたはただ、ホーリー・スピリットの導きに従えばいいのだ。もちろん、その前に、救いを強く求める必要はある。棚からぼたもち式に、救いが与えられるわけではない。



But do consider, and consider well, whether it is your wish that you might see your brother sinless.
  • whether [hwéðər] : 「〜かどうか、〜であろうとなかろうと」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望み、願望、希望」
  • sinless [sínlis] : 「罪のない、潔白ない」
❖ "But do consider, and ~ "「しかし、あなたの同胞が無辜(むこ)であることを目にしたいかどうか、それは、考えるべきであるし、よくよく考えなさい」。あなたは同胞に罪があると思っているかもしれないが、しかし、それは幻想かもしれないと疑って、もしかしたら同胞には罪などないかもしれないと、よくよく考えてみなさい。それは、同時に、同胞に罪がないことを望むことであり、自他一如によって、あなた自身に罪がないことを願うことなのだ。罪や分離を幻想ではないかと考えてみることが求められ、同時に、罪や分離からの救い、解放を強く意思する必要があるわけだ。



To specialness the answer must be "no. "A sinless brother is its enemy, while sin, if it were possible, would be its friend.
  • specialness [spéʃəlnis] : 「特別であること、特別性」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国」
  • while [hwáil] : 「その上、さらに、おまけに」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る」
  • friend [frénd] : 「友人、仲間、友達、相棒」
❖ "To specialness ~ "「特別性にとっては、答えは『ノー』であるに違いない」。特別性をあなたが信仰しているなら、同胞の無辜性を考えることなど、あなたは強く拒否するだろう。"A sinless brother is ~ "「無辜なる同胞は、特別性の敵であり、」"while sin, if it were ~ "「その上、罪の存在が可能ならば、罪こそ、特別性の友になるだろう」。ここは、仮定法過去になっているので、罪が実相的に実在することはあり得ないが、もしあったとしたら、という意味合いである。特別性は、分離を加速するために同胞を攻撃する必要がある。攻撃するには攻撃理由が必要なわけで、それが罪である。つまり、同胞に罪があるから攻撃出来るのだ。したがって、同胞が無辜であることは、攻撃理由を奪われることであって、特別性にとっては、それは忌まわしいことなのである。無辜性は特別性の敵、罪は特別性の友、というわけである。



Your brother's sin would justify itself, and give it meaning that the truth denies.
  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「弁明する、正当化する」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、目的、意図」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "Your brother's sin ~ "「あなたの同胞に罪があることは、特別性自体を正当化するだろう」。簡単に言えば、同胞に罪があれば、それは、特別性が同胞を攻撃する正統な理由となるのだ。"and give it meaning ~ "「そして、同胞の罪は、特別性に、真実が否定する意味を与える」。特別性は、攻撃が同胞の罪に対する制裁処置だと主張し、罪が特別性にその存在意味を与える。もちろん、そんなへ理屈は、真実の否定することである。



All that is real proclaims his sinlessness. All that is false proclaims his sins as real.
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • proclaim [proukléim] : 「公表する、宣言する、宣告する、公言する」
  • false [fɔ́ːls] : 「正しくない、誤った、うその、虚偽の」
❖ "All that is real ~ "「実相的なるものはすべて、無辜性を主張する」。難しい言い回しをしているが、要するに、実相世界の実在は、すべて、無辜である、ということ。"All that is false ~ "「誤りであるものすべては、罪が現実であると主張する」。幻想世界の存在は、その内部に罪なるものを隠し持っていると主張し、それは現実であると見なす。"All that is false"「誤りであるものすべて」とは、実相的に実在しないものすべてという意味だから、幻想のすべて、と捉えていいだろう。罪は存在せず、幻想に過ぎないのに、幻想の目から見れば、あたかも現実に罪が存在しているかのように見えるのだ。



If he is sinful, then is your reality not real, but just a dream of specialness that lasts an instant, crumbling into dust.
  • sinful [sínfl] : 「罪深い、邪悪な」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • last [lǽst] : 「続く、存続する、持続する、耐える」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • crumble [krʌ́mbl] : 「粉々に崩れる、粉々に砕ける、崩れる、崩れ落ちる」
  • dust [dʌ́st] : 「ほこり、ちり、煤塵、粉塵、塵埃」
❖ "If he is sinful, then ~ "「もし同胞に罪があると見るなら、その時は、あなたの現実は実相的ではない」。幻想の罪を実在と感じるようでは、あなたは実相に生きているとは言えない。あなた自身の現実が幻想なのだ。なぜなら、ありもしない罪という幻想が実在するかのように見えるからだ。"but just a dream of ~ "「あなたは単に、一瞬で塵と崩れ、消えてしまうような特別性の夢を見ているだけなのだ」。幻想は変化流動し、必ず、崩壊へと向かう。形あるものは、必ず崩壊するのだ。なぜなら、形あるものは幻想だからである。



5. Do not defend this senseless dream, in which God is bereft of what He loves, and you remain beyond salvation.
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、非常識な、愚かな、無意味な」
  • bereft [biréft] : 「bereave の過去・過去分詞形」
  • bereave [biríːv] : 「奪う、奪い去る」
  • bereave A of B : 「AからBを奪う」
  • remain [riméin] : 「残る、残存する、とどまる、滞在する」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の域を越えて、〜の向こう側に」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "Do not defend this ~ "「こんな意味のない夢を守ろうとしてはいけない」。"in which God ~ "「その夢の中では、神は、神が愛する者を奪われ、あなたは救いから取り残されてしまうのだ」。この世、この幻想世界に固執し、守ろうとしてはいけない。幻想世界では、神の子は神から分離し、罪の意識から救われることも絶望だ。



Only this is certain in this shifting world that has no meaning in reality: When peace is not with you entirely, and when you suffer pain of any kind, you have beheld some sin within your brother, and have rejoiced at what you thought was there.
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、確信して、間違いのない、疑う余地のない」
  • shifting [ʃíftiŋ] : 「移動する、変わりやすい」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、目的、意図」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • entirely [intáiərli] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、経験する、被る」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
  • of any kind : 「いかなる種類の」
  • beheld [bihéld] : 「behold の過去・過去分詞形」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
❖ "Only this is certain ~ "「実相の中では意味をまったく持たない、このうつろいゆく世界にあって、次のことだけは、確実である」。"When peace is not ~ "「平和が完全にあなたと共に存在しないとき、」あなたの心が、完全に平和を欠いたとき、"and when you suffer ~ "「そして、あなたが、いかなる種類の痛みをも被るとき、」あなたの心が、いろんな痛みに病み苦しむとき、"you have beheld some ~ "「あなたは、あなたの同胞の中に、何らかの罪を見てしまったのであり、」あなたは、同胞を罪ある者と錯覚したのであり、"and have rejoiced ~ "「そこにあるとあなたが思ったものに対して、あなたは喜びを感じたのだ」。あなたは、同胞の心に罪があると思って、それが自分の特別性を守るための正当な攻撃理由になると知って、思わず喜んでしまったのだ。こういったことは、変化流動する幻想世界にあっても、確かなことだ。



Your specialness seemed safe because of it. And thus you saved what you appointed to be your savior, and crucified the one whom God has given you instead.
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、安泰で、別状がない、無難な」
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに」
  • save [séiv] : 「救う、助ける、確保しておく、取っておく」
  • appoint [əpɔ́int] : 「〜を任命する、選任する、指名する」
  • savior [séiviər] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • crucify [krúːsifài] : 「〜を十字架に張り付けにする、磔刑に処す」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ」
❖ "Your specialness seemed ~ "「それによって、あなたの特別性は安泰に思えるのだ」。同胞に罪を見いだすことによって、同胞を攻撃する正当な理由が見つかり、攻撃することであなたの特別性は守られ、安泰なわけである。"And thus you saved ~ "「こうして、あなたが救い主に指定した特別性を守ったのである」。あなたは、特別性こそが自分の存在に意義を与えてくれる救い主だと信じた。その救い主を、同胞を攻撃することで、守ることが出来たと思ったのである。"and crucified the one ~ "「そして、あなたは、特別性の代わりに神があなたに与えた同胞という救い主を、十字架に架けたのであった」。イエス・キリストを連想するのだが、イエスに限定することはあるまい。あなたは日々、心の中で、あなたの同胞を磔刑に処しているではないか。



So are you bound with him, for you are one. And so is specialness his "enemy," and yours as well.
  • bound [báund] : 「bind の過去・過去分詞形」
  • bind [báind] : 「〜を縛る、結び付ける、〜を束縛する、拘束する」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国」
  • as well : 「おまけに、その上、なお」
❖ "So are you bound ~ "「ところが、あなたは、その同胞と共に、十字架に縛り付けられているのだ」。"for you are ~ "「なぜなら、あなたと同胞は一体であるからだ」。自他一如。あなたの特別性は、あなたの同胞を磔刑に処したつもりになっているが、実は、あなた自身をも磔刑に処していることになるのだ。"And so is specialness ~ "「したがって、特別性は、磔刑に処せられる同胞の『敵』であると同時に、あなたの敵でもあるのだ」。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp