●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.VII.3:1 ~ T-11.VII.4:9

3. The ego may see some good, but never only good. That is why its perceptions are so variable.

  • good [gúd] : 「価値、効用、利益、幸福、ためになることよいこと」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • variable [vé(ə)riəbl] : 「変わりやすい、変えられる、可変の」
❖ "The ego may see ~ "「エゴとて、いくらかは良いことろを見るかもしれないが、」"but never only ~ "「決して、良いことだけを見るというのではない」。"That is why its ~ "「これが、エゴの知覚がころころ変わる理由である」。



It does not reject goodness entirely, for that you could not accept.
  • reject [ridʒékt] : 「拒絶する、拒否する、拒む、断る」
  • goodness [gúdnəs] : 「良いこと、高潔、善良、親切、美点」
  • entirely [entáiə(r)li] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら」
  • accept [əksépt] : 「承認する、承服する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "It does not reject ~ "「エゴは良いことを頭ごなしに否定したりはしない」。"for that you could ~ "「なぜなら、あなたはそんなことを受け入れることは出来ないだろうからだ」。エゴはあなたの顔色を見ながら、この良きことは肯定し、あの良きことは否定する。



But it always adds something that is not real to the real, thus confusing illusion and reality.
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常にいつでも、相変わらず」
  • add [ǽd] : 「加える、合計する、足す」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる、困惑させる」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "But it always adds ~ "「しかしエゴは、いつも、現実的ではないものを現実的なものに付け加える」。"thus confusing ~ "分詞構文、結果、「このようにして、エゴは幻想と実相を混同してしまうのである」。たとえば、幻想の世界においても実相的愛は存在する。ところが、エゴはその実相の愛に対して幻想の肉欲や金銭欲や愛憎欲、利己心等々を付け加える。そして、エゴ自身が愛と肉欲や金銭欲が区別できなくなってしまうのだ。



For perceptions cannot be partly true. If you believe in truth and illusion, you cannot tell which is true.
  • partly [pɑ́ː(r)tli] : 「一部分は、ある程度は、部分的に、一部は」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • tell [tél] : 「」〜を見分ける、分かる
❖ "For perceptions ~ "「なぜなら、知覚というものは部分的に正しいということはないからだ」。"If you believe in truth ~ "「もしあなたが真実と幻想の両方を信じたなら、」"you cannot tell ~ "「どちらが本当なのか、あなたは区別がくけれなくなってしまう」。たとえば、人を愛する実相的愛と、人から愛を奪い取りたいと思う幻想的愛は共存することはできない。実相的愛と幻想的愛を同時に信じることは出来ないからだ。



To establish your personal autonomy you tried to create unlike your Father, believing that what you made is capable of being unlike him.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • personal [pə́ː(r)s(ə)nl] : 「個人の、 個人的な」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • try to : 「〜しようと試みる」
  • unlike [ʌnláik] : 「〜とは違って」
  • be capable [kéipəbl] of : 「〜の能力がある、〜の才能がある、〜ができる」
❖ "To establish your ~ "「あなたの個人的な自律を確立するために、」"you tried to create ~ "「あなたは、あなたの父なる神とは違うように創造してきた」。"believing that what you ~ "分詞構文、付帯状況、「あなたが作ったものが、神とは違う可能性があると信じて」。あなたが神から分離したそもそもの原因は、あなたが神なしでやっていけないだろうかと思ったことである。神なしで、神のように自律してみようと思ったことが神からの分離につながった。その結果、あなたはこの幻想世界を疑似創造したわけである。



Yet everything true is like him. Perceiving only the real world will lead you to the real Heaven, because it will make you capable of understanding it.
  • lead [líːd] : 「導く、案内する」
  • make : 「〜を〜の状態にする、〜に〜させる」
❖ "Yet everything true ~ "「しかし、すべて本当のものは、神の様であるのだ」。"Perceiving only the real ~ "「実相の世界だけを知覚することは、あなたを実相の天に導いてくれるだろう」。"because it will make ~ "「なぜならば、その知覚は、あなたが実相を理解することが出来るようにしてくれるであろうからだ」。幻想を排して実相だけを感じ取ろうとすることによって、実相の理解が深まり、神の王国に近づいて行ける。



4. The perception of goodness is not knowledge, but the denial of the opposite of goodness enables you to recognize a condition in which opposites do not exist.
  • goodness [ɡúdnis] : 「良いこと、高潔、善良、親切」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「反対、逆の物、反対の物」
  • enable [enéibl] : 「〜を可能にする、〜に可能性を与える、〜が〜できるようにする」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • condition [kəndí∫n] : 「状態、状況、様子、様相、事情、条件」
❖ "The perception of ~ "「良きものを知覚することは叡智とは言えない」。知覚は幻想世界において、感覚器官が感じ取ること。叡智は実相の世界において、直覚的に全的に対象を悟りとること。"but the denial of ~ "「しかし、良きことの反対のものを否定することは、あなたが、反対のものの存在しない条件を認識することを可能ならしめる」。つまり、実相の認識を可能ならしめる。したがって、悪を見ずに善を見ること、憎しみを知らずに愛を感じること、奪われることを気にせずに与えること、批判をせずにいい評価を与えること、ケチをつけずに美点を見いだすこと、そういったことが大切となる。突き詰めれば、対極を見ることを否定するのである。対極を見ることは、二元論のこの世界を肯定することである。しかし、実相世界は一元論の世界である。愛はあるが憎悪はない。そういう世界を見るには、対極を見てしまう見方を変えて、一元のそのもの自体を見るようにしなくてはならない。



And this is the condition of knowledge. Without this awareness you have not met its conditions, and until you do you will not know it is yours already.
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • met [mét] : 「meet の過去・過去分詞形」
  • meet [míːt] : 「合う、満足させる、かなえる、満たす」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み、前々から」
❖ "And this is the condition ~ "「そして、これが叡智の条件である」。"Without this awareness ~ "「この認識なくして、あなたは条件を満たすことは出来ない」。対極を見ることを否定するという認識を持たないことには、叡智に出会う条件は整わない。"and until you do you ~ "「あなたがそうしないうちは、叡智がすでにあなたのものであることを知ることはないであろう」。叡智は獲得するものではなく、すでにあなたの心にある叡智を思い出しさえすればいいのだ。なぜ、あなたの心にすでに叡智はあるか? 神があなたに神の叡智を継承したからである。あなたは神から分離することによって、その叡智を忘れ去ってしまった。それを思い出さなくてはならない。そのためには、良きものを知覚すること、良からぬものは否定すること、対極を見ることを拒絶すること、それが必要条件になる。



You have made many ideas that you have placed between yourself and your Creator, and these beliefs are the world as you perceive it.
  • idea [aidíːə] : 「考え、着想、アイデア、発想、思い付き」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • between A and B : 「AとBの間に」
  • Creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
❖ "You have made many ~ "「あなたは、あなたがあなたと創造主の間に置いた多くの想念を作った」。"and these beliefs are ~ "「そしてその想念が、あなたがそれとして知覚する世界である」。あなたは、あなた自身と神の間に幻想の世界を想念し、それを作った。つまり、あなたの心と神の心の間で、あなたは夢を見ているのである。その夢を、あなたは現実と呼んでいる。



Truth is not absent here, but it is obscure. You do not know the difference between what you have made and what you have created.
  • Truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • absent [ǽbs(ə)nt] : 「いない、不在の、ない、欠けて」
  • obscure [əbskjúə(r)] : 「不明りょうな、あいまいな、不透明な」
  • difference [díf(ə)r(ə)ns] : 「違い、差異、相違」
  • between A and B : 「AとBの間に」
❖ "Truth is not ~ "「この世界に真実がないのではない」。"but it is ~ "「しかし、真実は曖昧になっている」。"You do not know ~ "「あなたは、あなたが作ったものとあなたが創造したものの間の違いがわからないのだ」。この世界はあなたが疑似創造した幻想世界。真の世界は神が創造した実相世界。その実相世界においてこそ、あなたは真の創造ができる。



To believe that you can perceive the real world is to believe that you can know yourself. You can know God because it is his will to be known.
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "To believe that you ~ "「あなたが実相の世界を知覚できると信じることは、あなたがあなた自身を知ることが出来ると信じることである」。本当のあなた自身は実相の世界に住んでいる。それを知るには、実相を知覚できると信じることだ。"You can know God "「あなたは神を知ることが出来る」。"because it is his ~ "「なぜなら、あなたに知ってもらうことが神の意思だからである」。



The real world is all that the Holy Spirit has saved for you out of what you have made, and to perceive only this is salvation, because it is the recognition that reality is only what is true.
  • save [séiv] : 「確保しておく、取っておく、残しておく」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、正当性の認識」
❖ "The real world is all that ~ "「実相の世界とは、あなたが作り出したものからホーリー・スピリットがあなたのために確保しておいたもののすべてである」。あなたはこの世界でいろいろなものを作り出した。人を愛したこともあり、人を憎んだこともあった。しかし、ホーリー・スピリットはあなたのためになる愛や慈しみ、喜びだけ選び取り、それを実相の世界にすべて確保しておいてくれた。"and to perceive only this ~ "「そして、こうしたものだけを知覚することが救済へとつながる」。実相世界によく似合う対極の一方だけを知覚するのである。善、愛、喜び、等々を知覚することで、他の対極を捨て去ること。それが救済である。"because it is the recognition ~ "「なぜなら、それは、実相とは正しいものだけなのだと認識することだからである」。実相は、真、善、美の世界である。対極の偽、悪、醜は実相の世界には存在しない。したがって、あなたは、この世界にあって、真、善、美を目撃し、それらを追求することで実相世界への回帰に結びつけ、結果、あなたの救いとなるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp