●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.VIII.14:1 ~ T-11.VIII.15:5

14. You, my child, are afraid of your brothers and of your Father and of yourself. But you are merely deceived in them.

  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • be deceived in : 「〜を見損なう、〜に失望する」
❖ "You, my child, are ~ "「我が子よ、あなたはあなたの兄弟、あなたの父なる神、そしてあなた自身を恐れている」。"But you are merely ~ "「しかし、あなたは単に失望しているだけなのだ」。"deceived in"には「見損なう、見誤る」という意味もあるから、"But you are merely ~ "には、あなたは正しく理解できずに、見誤って失望しているに過ぎない、という意味合いがあるのだろう。



Ask what they are of the Teacher of reality, and hearing his answer, you too will laugh at your fears and replace them with peace.
  • ask of : 「〜に要求する」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答え、回答、返事、応答」
  • laugh at : 「〜を笑う」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • replace [ripléis] A with B : 「AをBと交換する、Aの代わりをBで補う」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "Ask what they are of ~ "「実相の師に、彼らとは何なのか訊ねなさい」。"the Teacher of reality"「実相の師」とはホーリー・スピリットのこと。幻想ではなく、実在する実相をよく知っているホーリー・スピリットに、同胞、神、あなた自身が何であるかを訊きなさい。"and hearing his ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットの答えが聞こえるので、」"you too will laugh at ~ "「あなたもまた、(夢を恐れた幼い子供のように)、あなたの恐れを笑い飛ばし、恐れと平和とを入れ替えるであろう」。



For fear lies not in reality, but in the minds of children who do not understand reality.
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
❖ "For fear lies not ~ "「なぜなら、恐れは実相の世界にあるのではなく、」"but in the minds of ~ "「実相を理解しない子供たちの心の中にあるからだ」。



It is only their lack of understanding that frightens them, and when they learn to perceive truly they are not afraid.
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
  • frighten [fráitn] : 「〜を怖がらせる」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、覚える、習う」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • truly [trúːli] : 「正確に、忠実に、本当に、真に」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
❖ "It is only their lack of ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「子供たちを恐れさせているのは、彼らの理解不足に過ぎない」。"and when they learn to perceive ~ "「そして、彼らが正しい知覚のし方を学んだとき、」"they are not ~ "「彼らに恐れはなくなってしまう」。夢を見て恐れているに過ぎないと正しく知覚し、理解すれば、夢を恐れることはなくなる。



And because of this they will ask for truth again when they are frightened.
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • frightened [fráitnd] : 「脅えた、怖がって、驚いた」
❖ "And because of this ~ "「そして、これゆえに、子供たちが再び恐れを感じたときは、彼らは真実を求めようとするのである」。



It is not the reality of your brothers or your Father or yourself that frightens you. You do not know what they are, and so you perceive them as ghosts and monsters and dragons.
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • frighten [fráitn] : 「〜を怖がらせる」
❖ "It is not the reality of ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「あなたを恐れさせているのは、あなたの同胞、あなたの父なる神、あなた自身の実相ではない」。あなたが脅えているのは、それらの幻想である。"You do not know ~ "「あなたはそれらが何であるか知らない」。同胞、神、あなた自身の真実の姿、実相をあなたは知らない。"and so you perceive them ~ "「そこで、あなたは、それらを、亡霊として、モンスターとして、ドラゴンとして知覚してしまうのである」。



Ask what their reality is from the One Who knows it, and he will tell you what they are.
  • tell [tél] : 「教える、伝える、言う、告げる」
❖ "Ask what their reality is ~ "「それらの実相が何なのか、それを知る者に訊ねなさい」。"the One Who knows it"「それを知る者」とは、もちろん、ホーリー・スピリットのこと。"and he will tell ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットはそれらが何なのか、あなたに教えてくれるだろう」。



For you do not understand them, and because you are deceived by what you see you need reality to dispel your fears.
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
❖ "For you do not ~ "「なぜなら、あなたはそれらを理解していないからであり、」"and because you are ~ "「あなたが見るものによって騙されいるので、」"you need reality ~ "「あなたは、あなたの恐れを払拭するために実相が必要なのである」。



15. Would you not exchange your fears for truth, if the exchange is yours for the asking?
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「〜を交換する、 〜をやりとりする」
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「換えること、交換」
  • for the asking : 「欲しいと頼むだけで、お望みであれば」
❖ "Would you not exchange ~ "「あなたの恐れと真実を交換したいと思わないだろうか」。"if the exchange is yours ~ "直訳すると、「もし、お望みとあらば、交換があなたのものとなるなら」。つまり、あなたが交換を望み、それが叶えられるとしたら、という意味。



For if God is not deceived in you, you can be deceived only in yourself.
  • be deceived in : 「〜を見損なう、〜に失望する」
❖ "For if God is not ~" 「なぜなら、もし神があなたに失望していないとしたら、」"you can be deceived ~ "「ただあなただけがあなた自身に失望する可能性があるからだ」。あなたは恐れに屈し、真実から目を背けてしまう可能性がある。その結果、あなたは自分自身に失望するかもしれない。しかし、神はあなたに失望することはない。あなたが恐れから脱却し、真実に目覚めることを強く信じている。



Yet you can learn the truth about yourself from the Holy Spirit, Who will teach you that, as part of God, deceit in you is impossible.
  • as part of : 「〜の一端として、〜の一部として、〜の一環として」
  • deceit [disíːt] : 「だますこと、偽り、詐欺、ペテン」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
❖ あなた自身に失望する可能性があるとは言え、"Yet you can learn ~ "「しかし、あなたはあなたに関する真実をホーリー・スピリットから学ぶことが出来る」。"Who will teach ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたは神の一部であるので、あなたの中に偽りなど存在することが不可能であると教えてくれるだろう」。



When you perceive yourself without deceit, you will accept the real world in place of the false one you have made.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • false [fɔ́ːls] : 「うその、虚偽の、偽りの、偽の」
❖ "When you perceive ~ "「あなたがあなた自身を偽りなく知覚するとき、」"you will accept ~ "「あなたは、あなたが作った偽りの世界の代わりに、実相の世界を受け入れるであろう」。この宇宙、この世界は、あなたの心が偽創造した幻想の世界である。いわば、日々偽りの世界を知覚しているのである。しかし、あなたが偽りの知覚を捨てるとき、見えてくるものは神の住む実相の世界である。



And then your Father will lean down to you and take the last step for you, by raising you unto himself.
  • lean [líːn] : 「傾く、体を曲げる、かがむ、もたれる」
  • step [stép] : 「階段、段、階、段差 」
  • raise [réiz] : 「上げる、つり上げる、上昇させる」
❖ "And then your Father ~ "「そして、あなたの父なる神はあなたの方にかがみ込み、あなたのために最後のステップをとってくれる」。"by raising you ~ "「すなわち、神自身のもとへあなたを引き上げてくれるのである」。神は天から手をあなたに差し伸べ、あなたを天の王国へと引き上げ、連れていってくれる。最後のステップとは、あなたのアセンション(Ascension)である。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp