●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-12.I.9:1 ~ T-12.I.10:6

9. Fear is a symptom of your own deep sense of loss. If when you perceive it in others you learn to supply the loss, the basic cause of fear is removed.

  • symptom [sím(p)təm] : 「兆候、しるし、症状、症候、兆候」
  • deep [díːp] : 「深い、深甚な、深遠な、凄まじい、激しい」
  • sense [séns] : 「感覚、感覚能力、官能、感触、知覚」
  • loss [lɔ́(ː)s] : 「失うこと、紛失、損失、喪失」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • supply [səplái] : 「供給する、支給する、提供する」
  • basic [béisik] : 「基礎の、基本的な」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因、理由」
  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
❖ "Fear is a symptom ~ "「恐れとは、あなた自身の深い喪失感の症状である」。"If when you perceive it ~ "「もしあなたが、他者の中に恐れを知覚して、喪失したものを補充することを学んだなら、」"the basic cause of ~ "「恐れの基本的な原因は取り除かれるのだ」。他者の中の恐れと喪失感をあなたが補えるなら、あなた自身の恐れと喪失感も基本的に解消される。自他一如。



Thereby you teach yourself that fear does not exist in you. The means for removing it is in yourself, and you have demonstrated this by giving it.
  • Thereby [ðὲərbái] : 「それによって、その結果、従って」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、証明する、実演する」
❖ "Thereby you teach ~ "「その結果、あなたは、恐れがあなたの中に存在しないと自分自身に教えることになる」。"The means for ~ "「恐れを取り除く方法はあなたの中にあるのである」。"and you have ~ "「そして、その方法を与えることによって、あなたはこのことを実証したことになる」。実相の世界にあっては、すべてが神から与えられているので、喪失ということはない。したがって、喪失する恐れなどないのである。それを知ったあなたは、同胞にそれを教えることで、同胞の恐れと喪失感を取り除くことができる。つまり、あなた自身に恐れが存在しないことを実証することで、同胞の恐れも取り除かれるのだ。これもまた、自他一如。



Fear and love are the only emotions of which you are capable. One is false, for it was made out of denial; and denial depends on the belief in what is denied for its own existence.
  • emotion [imóu∫n] : 「感情、情緒、感動」
  • be capable of : 「〜の能力がある、〜の才能がある、〜ができる」
  • false [fɔ́ːls] : 「偽りの、偽の、うその、虚偽の、正しくない」
  • make A out of B : 「BでAを作る」
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • depend on : 「〜によって決まる、〜次第である、〜に頼る」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • existence [igzístns] : 「存在、生存、現存、実存、実在」
❖ "Fear and love are ~ "「恐れと愛は、あなたが持つことのできる唯一の感情である」。"One is false"「その一方は偽りである」。"for it was made ~ "「なぜなら、それは否定から作られたのだから」。"and denial depends on ~ "「そして、否定は、それ自体の存在のために否定されたものを信じる気持ちに依存している」。難解ではある。否定には、否定する対象が必要である。その意味で、否定は否定する対象に依存している。"for its own existence"の"its"は「恐れ」である。恐れ自体の存在のために、とはどういうことか? ここはエゴの思考システムで考えてみるといい。エゴは恐れの存在を維持し、あなたを他者の攻撃に向かわせようとする。そこで、エゴは恐れの存在を維持するために、あなたの中の愛や思いやりを否定するのだ。あなたの心が愛や思いやりを信じているがために、エゴはそれを否定せよ、と言う。あなたの否定は、実はあなたが愛や思いやりを信じている気持ちの表れでもあるわけだ。



By interpreting fear correctly as a positive affirmation of the underlying belief it masks, you are undermining its perceived usefulness by rendering it useless.
  • interpret [intə́ː(r)prət] : 「解釈する、解明する、説明する」
  • correctly [kəréktli] : 「正しく、正確に、正確に言えば」
  • positive [pɑ́zətiv] : 「積極的な、前向きの、明確な、明白な」
  • affirmation [æ̀fə(r)méi∫n] : 「確約、断言、肯定、確認、主張」
  • underlying [ʌ́ndərlàiiŋ] : 「基礎をなす、内在する、下にある、根本的な、潜在的な」
  • mask [mǽsk] : 「〜を隠す、〜を仮面で覆う」
  • undermine : 「〜を徐々に弱らせる、弱体化させる」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • usefulness [júːsfəlnis] : 「役に立つこと、実用性」
  • render [réndə(r)] : 「〜の状態にする」
  • useless [júːsləs] : 「役に立たない、無用な、無駄な、使い道のない」
❖ "By interpreting fear ~ "「恐れを、それが隠している内在的な信念を積極的に宣言したものであると、正しく解釈することで、」難解であるが、要するに、恐れはその内側に愛を求める気持ちを隠し持っているから、恐れを、愛を求める内在的な呼び声だと正しく解釈することで、という意味。"you are undermining ~ "「あなたは、恐れのもつ知覚された有用性を、役に立たないものに変えることで、徐々に弱らせていく」。ここも難解だ。恐れは、エゴの思考システムから見れば、他者を攻撃するのに役立つものである。したがって、「恐れのもつ知覚された有用性」とは、恐れのもつ目に見える有用性で、それは他者の攻撃に有用であるということ。しかし、恐れの本心は愛を求める心であるから、恐れを愛に変えていくことで、恐れのもつ攻撃的有用性を徐々に弱らせていくことができるのである。



Defenses that do not work at all are automatically discarded. If you raise what fear conceals to clear-cut unequivocal predominance, fear becomes meaningless.
  • Defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • automatically [ɔ̀ːtəmǽtikəli] : 「無意識に、思わず、自動的に、惰性的に」
  • discard [diskɑ́ː(r)d] : 「捨てる、捨て去る、廃棄する、処分する」
  • raise [réiz] : 「引き起こす、提起する、取り上げる」
  • raise A to B : 「AをBに引き上げる、AをBに昇進させる」
  • conceal [kənsíːl] : 「隠す、隠匿する、秘密にする」
  • clear-cut : 「明確な、明快な、分かりやすい」
  • unequivocal [ʌnikwívəkl] : 「絶対的な、無条件の、明確な、明解な」
  • predominance [pridάmənəns] : 「優越、優位、優勢、卓越、支配」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な」
❖ "Defenses that do not ~ "「全く役に立たない防御というものは、自動的に捨てられる」。" If you raise what fear ~ "「もしあなたが、恐れが隠しているものを、きっぱりと明確な優位の位置に引き上げたなら、」"fear becomes ~ "「恐れは意味をなくすであろう」。恐れが隠しているものとは、愛を求める気持ちである。その隠された愛を求める気持ちを全面に押し出し、恐れに代わって愛を求める気持ちに心を支配させたなら、恐れは意味をなくし消えていくだろう。



You have denied its power to conceal love, which was its only purpose. The veil that you have drawn across the face of love has disappeared.
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの、とばり」
  • drawn [drɔ́ːn] : 「draw の過去分詞形」
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引く、〜を引き出す」
  • disappear [dìsəpíə(r)] : 「存在しなくなる、なくなる、消滅する、消失する」
❖ "You have denied ~ "「(そうすれば、)あなたは、恐れのもつ、愛を隠すパワーを否定したことになる」。"which was ~ "「愛を隠すこと、それだけが恐れの目的である」。"The veil that you ~ "「あなたが愛の顔にかけたベールが消滅してしまうのである」。



10. If you would look upon love, which is the world's reality, how could you do better than to recognize, in every defense against it, the underlying appeal for it?
  • look upon : 「〜を見る、〜を見つめる」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • defense [diféns] : 「 防衛、防御」
  • underlying [ʌ́ndərlàiiŋ] : 「基礎をなす、内在する、第一の、下に横たわる、下にある」
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、嘆願、訴え」
❖ "If you would ~ "「あなたが愛を見たいと思うなら、」"which is the world's ~ "「愛こそが世界の現実であるのだが、」"how could you do ~ "「あなたは〜よりも良いことができるだろうか」。"to recognize, in every ~ "「愛に対抗するすべての防御のなかで、そこに内在する愛を求める訴えを認識すること」よりも良いことがあるだろうか。



And how could you better learn of its reality than by answering the appeal for it by giving it?
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える」
❖ "And how could ~ "「そして、〜よりも愛の真実を学ぶ良い方法があるだろうか」。"by answering the appeal ~ "「愛を与えることで、愛を求める訴えに答えること」よりも良い方法があるだろうか。



The Holy Spirit's interpretation of fear does dispel it, for the awareness of truth cannot be denied.
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • dispel [dispél] : 「払拭する、払いのける、追い散らす」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "The Holy Spirit's ~ "「ホーリー・スピリットの恐れの解釈は、恐れを払拭する」。"for the awareness ~ "「なぜなら、真実を意識することは否定され得ないからだ」。真実を知りたいと思う心は誰にも止められない。あなたが真実を意識的に求めるとき、ホーリー・スピリットはそれに答えてくれる。あなたが恐れの真実を意識的に知ろうとすれば、ホーリー・スピリットは恐れが隠し持つ愛という真実を明かし、それによって恐れを払拭してくれるだろう。



Thus does the Holy Spirit replace fear with love and translate error into truth.
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、置き換える、置換する」
  • replace A with B : 「AをBで置き換える」
  • translate [trænsléit] : 「解釈する、見て取る、〜を翻訳する、訳す」
❖ "Thus does the Holy Spirit ~ "「このように、ホーリー・スピリットは恐れを愛で置き換え、過ちを真実に翻訳する」。



And thus will you learn of him how to replace your dream of separation with the fact of unity.
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • unity [júːnəti] : 「一つであること、単一性、統一、一体性」
❖ "And thus will you ~ "「このようにして、あなたはホーリー・スピリットから、あなたの分離の夢を一体性の真実で置き換える方法を学ぶことになろう」。神からの心の分離、それに続く心の分裂、それが夢に過ぎないこと、実相の世界にあっては、心はなお一つであり、一体性を保っていることを学ぶのである。



For the separation is only the denial of union, and correctly interpreted, attests to your eternal knowledge that union is true.
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
  • correctly [kəréktli] : 「正しく、正確に、正確に言えば」
  • interpret [intə́ː(r)prət] : 「解釈する、解明する、説明する」
  • attest [ətést] : 「証言する、証明する」
  • attest to : 「証拠立てる、証言する、証明する、立証する」
  • eternal [itə́ː(r)nl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
❖ "For the separation is ~ "「なぜならば、分離は単なる結合の否定であって、正しく解釈すれば、」"attests to your eternal ~ "「分離は、結合が真実であるという永遠の叡智を証言しているのだから」。分離は夢であり真実ではないから、この世界で分離を知覚することは、逆に、実相の世界では分離は存在しないことを証明している。したがって、この世界での心の分離、分裂は、実相の世界での心の統一、結合を証明している。そして、心が一であるという事実は、実相の世界における永遠なる叡智なのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp