●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.VIII.1:1 ~ T-11.VIII.2:5

VIII. The Problem and the Answer
問題と答え




1. This is a very simple course. Perhaps you do not feel you need a course which, in the end, teaches that only reality is true. But do you believe it? 
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な」
  • course [kɔ́ːrs] : 「課程、講座、科目」
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると」
  • feel [fíːl] : 「〜ではないかと思う、〜を感じる」
  • in the end : 「結局、ついに」
❖ "This is a very ~ "「これは非常にシンプルなコースである」。"Perhaps you do~ "「最終的に実相だけが真実であると教えるこのコースを、多分あなたは必要だと感じていないかもしれない」。自分にはそんな教えは不必要だと思っているかも知れない。"But do you ~ "「しかしあなたは、そんなことを信じているのだろうか」。実相だけが実在する真実だと教えるコースは必要ないと信じているのだろうか。



When you perceive the real world, you will recognize that you did not believe it. 
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する」
❖ "When you perceive ~ "「あなたが実相の世界を知覚したとき、」"you will recognize ~ "「あなたは、実相だけが真実であると信じてはいなかったことに気付くだろう」。このコースの必要性を感じない原因は、実相の実在性を信じていないからだ。



Yet the swiftness with which your new and only real perception will be translated into knowledge will leave you but an instant to realize that this alone is true. 
  • swiftness [swíftnis] : 「迅速性」
  • translate [trænsléit] : 「解釈する、〜を訳す」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、認識、知恵」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、〜を預ける」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単に」
❖ "Yet the swiftness ~ " 直訳すると、「しかし、あなたの新しい、そして唯一の実相的な知覚が叡智へと翻訳されるのにかかる時間の早さは、これだけが真実であると悟る一瞬をあなたに委ねるだけだろう」。実相を感じ取る知覚(ヴィジョン)が叡智へと転換されるのに要する時間は非常に短く、その瞬間、あなたは実相だけが真実であると確実に悟る。



And then everything you made will be forgotten; the good and the bad, the false and the true. 
  • forgotten [fərgɑ́tn] : 「forget の過去分詞形」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • false [fɔ́ːls] : 「正しくない、誤った、偽りの」
❖ "And then everything ~ "「そしてその後、あなたが作ったすべてのものが忘れ去られるだろう」。"the good and ~ "「良きものも悪しきものも、偽りも真実も」。実相の真実性に目覚めれば、それまでの幻想の世界であなたが疑似創造したものはすべて忘れ去られる。幻想世界で良かったことも悪かったことも、偽りも真実も、幻想世界の出来事は忘却の彼方へと消えて行く。



For as Heaven and earth become one, even the real world will vanish from your sight. 
  • vanish [vǽniʃ] : 「消える、消えてなくなる」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
❖ "For as Heaven ~ "「なぜなら、天と地が一つになるにしたがい、」"even the real ~ "「現実の世界さえあなたの視界から消えてしまうからだ」。"the real world"を「実相の世界」と訳したいところだが、実相に目覚めて実相の世界が消えるのは不自然だから、ここは「現実の世界」つまり「幻想のこの世界」と解釈した。"Heaven and earth become one"「天と地が一つになる」とは、地(幻想世界)が天(実相世界)に吸収されて行くイメージであろうか。幻想世界の出来事が、夢から覚めて後、どんどん忘れられて行く。あたかもこの地が霧となって天に昇って消えて行くように、幻想世界はあなたの視界から消え、忘却される。



The end of the world is not its destruction, but its translation into Heaven. 
  • destruction [distrʌ́kʃən] : 「破壊、破滅、破棄」
  • translation [trænsléiʃən] : 「解釈、変形、転換」
❖ "The end of ~ "「この世の終わりはその破壊ではない」。"but its translation ~ "「天への転換だ」。黙示録的な天変地異によってこの世界が破壊されるのではない。幻想世界が霧のように消え、天の王国が目の前に立ち現れて来るだけだ。



The reinterpretation of the world is the transfer of all perception to knowledge.
  • reinterpretation : 「再解釈」
  • transfer [trænsfə́ːr] : 「移動、移転」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、知見、感じ方」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、認識、知恵」
❖ "The reinterpretation ~ "「世界の再解釈は、すべての知覚が叡智へと転移することである」。あなたが住むこの幻想世界が真の世界ではなく、神の実相世界こそが実在なのだと世界を再解釈することで、あなたの知覚は叡智へと昇華して行く。



2. The Bible tells you to become as little children. Little children recognize that they do not understand what they perceive, and so they ask what it means. 
  • tell [tél] : 「〜にきっぱり言う、命じる」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、納得する」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
❖ "The Bible tells ~ "「聖書はあなたに、小さな子供のようになりなさいと言う」。"Little children ~ "「小さな子供は、知覚したものが理解できないことを受け入れ、それが何を意味するのか訊ねるものだ」。変化流動し崩壊へと向かうこの苦と痛みの世界は理解できないと認め、なぜそうなのかと、子供のように率直に問いかけてみる。



Do not make the mistake of believing that you understand what you perceive, for its meaning is lost to you. 
  • mistake [mistéik] : 「誤り、過ち」
  • make the mistake of : 「〜という間違いをする」
  • be lost to : 「〜に失われている、もはや〜のものではない」
❖ "Do not make ~ "「あなたが知覚したものをあなたは理解していると信じるようなミスを犯してはいけない」。"for its meaning ~ "「なぜなら、知覚したものの意味があなたにはわからなくなってしまうからだ」。理解したつもりでいると、本当の意味がわからなくなってしまうことがある。特に肉体的な知覚を通して得られる情報は、吟味の余地なく真実だと思い込まれてしまう可能性がある。見える物は実在し、見えない物は実在しないと誰が言えるだろう。



Yet the Holy Spirit has saved its meaning for you, and if you will let him interpret it, he will restore to you what you have thrown away. 
  • save [séiv] : 「確保しておく、残しておく」
  • interpret [intə́ːrprət] : 「解釈する、解明する」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「元に戻す、回復させる、修復する」
  • thrown [θróun] : 「throw の過去分詞」
  • throw [θróu] : 「〜を投げる、投じる」
  • throw away : 「〜を投げ捨てる、無駄に費やす」
❖ "Yet the Holy Spirit ~ "「しかし、ホーリー・スピリットはあなたのためにその意味を確保しておいてくれる」。"and if you ~ "「そして、もしあなたが、ホーリー・スピリットにその解釈を委ねたなら、」"he will restore  ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが投げ捨てた意味をあなたのために修復してくれるだろう」。あなたは知覚しただけで理解してしまったと思い、そのために知覚したものの真の意味を取り逃がしてしまう。しかし、その意味をホーリー・スピリットはちゃんと確保しておいてくれる。ホーリー・スピリットに解釈を委ねれば、ホーリー・スピリットは知覚したものの真の意味をあなたに教えてくれるだろう。あなたが知覚したものを、ホーリー・スピリットの思考システムに照らし合わせてみればいい。



Yet while you think you know its meaning, you will see no need to ask it of him.
  • while [hwáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に」
❖ "Yet while you ~ "「しかし、あなたがその意味を知っていると思っている間は、」"you will see ~ "「あなたはホーリー・スピリットにそれを訊ねてみる必要性を見出せないだろう」。知ったような気分になって、問い直し、再解釈する必要性のあることを取り逃がしてしまう可能性がある。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp