●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.VIII.7:1 ~ T-11.VIII.8:7

7. Little child of God, you do not understand your Father. You believe in a world that takes, because you believe that you can get by taking. 
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する」
  • believe in : 「〜の存在を信じる、〜を信頼する」
❖ "Little child of ~ "「幼き神の子よ、あなたはあなたの父なる神を理解してはいない」。"You believe in ~ "「あなたは奪い取る世界の存在を信じている」。"because you ~ "「なぜなら、あなたは奪い取ることで得られると信じているからだ」。幻想に翻弄される神の子はエゴの思考システムを信じているし、それに準じて行動している。



And by that perception you have lost sight of the real world. You are afraid of the world as you see it, but the real world is still yours for the asking. 
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、見識」
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、なくす」
  • sight [sáit] : 「視界、視覚、視力」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • for the asking : 「欲しいと頼むだけで、お望みであれば」
❖ "And by that ~ "「そして、そう感じることで、あなたは実相の世界を見失ってしまった」。"You are afraid ~ "「あなたは世界をそのように見ているので、あなたは世界を恐れている」。"but the real ~ "「しかし、求めさえすれば、実相の世界は今なおあなたのものである」。あなたは奪い取る世界を夢の中で見ているだけだ。目を覚ますことを強く求めれば、あなたは実相の世界を目の前にすることが出来る。



Do not deny it to yourself, for it can only free you. Nothing of God will enslave his Son whom he created free and whose freedom is protected by his being. 
  • deny [dinái] B to A : 「AにBを与えない」
  • free [fríː] : 「解放する、自由にする」
  • enslave [ensléiv] : 「〜をとりこにする、奴隷にする」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生存、生命」
❖ "Do not deny ~ "「あなた自身に実相の世界を与えないでおくことなどしてはならない」。"for it can ~ "「なぜなら、実相の世界こそ、あなたを自由に出来るのだから」。"Nothing of God ~ "「神に関係する何ものも、神が自由なものとして創造した神の子を奴隷とすることはない」。"and whose freedom ~ "「そして、神の子の自由は、神の存在によって守られているのだ」。



Blessed are you who are willing to ask the truth of God without fear, for only thus can you learn that his answer is the release from fear.
  • blessed [blésid] : 「祝福された、神聖な、恵まれた」
  • be willing [wíliŋ] to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと」
❖ "Blessed are you ~ "「恐れることなく、神の真実をすすんで求めようとするあなたは幸いである」。"for only thus ~ "「なぜなら、そうすることでのみ、あなたは神の答えが恐れからの解放であると学ぶことが出来るからだ」。



8. Beautiful child of God, you are asking only for what I promised you. Do you believe I would deceive you? 
  • beautiful [bjúːtəfl] : 「美しい、素晴らしい」
  • promise [prɑ́məs] : 「〜を約束する」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、だます、裏切る」
❖ "Beautiful child ~ "「美しい神の子よ、あなたは私が約束したものだけを求めている」。"Do you believe ~ "「あなたは、私があなたを欺くとでも思っているのだろうか」。このコースを学ぶあなたは、イエスが約束した天の王国(The Kingdom of Heaven)を求めている。イエスは欺くことなく、必ず約束を果たす。



The Kingdom of Heaven is within you. Believe that the truth is in me, for I know that it is in you. 
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜のうちに」
❖ "The Kingdom of ~ "「(私が約束した)天の王国はあなたの中にある」。天の王国は、あなたの頭上の彼方にあるのではない。あなたの心の中にある。その意味では、王国はこの地上にすでにあると言ってもいい。したがって、天(Heaven)とは、実相に目覚めた心、高尚で美しい心のことだ。



God's Sons have nothing they do not share. Ask for truth of any Son of God, and you have asked it of me. 
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • ask of : 「〜に要求する」
❖ "God's Sons ~ "「神の子には、分かち合わないものなど何もない」。"Ask for truth ~ "「誰でもよいから神の子に真実を求めなさい」。"and you have ~ "「そうすれば、あなたは私から真実を求めたことになる」。"asked it of me"の"of"であるが、ACIMでは"from"の代わりに"of"を用いることが多々ある。英文を読んでいて"of"に出会い、おやっ、と思ったら"of"の代わりに"from"を置き換えてみるといい。ところで、すべての神の子の心にはホーリー・スピリットが住んでおり、キリストであるイエスもあなたの心に宿っている。したがって、他の同胞に真実を求めることは、同胞の心の中のイエスにそれを求めていることになる。



Not one of us but has the answer in him, to give to anyone who asks it of him.
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
❖ "Not one of ~ "「私たちの誰一人として、心の中に答えをもっていない者などいない」。"to give to ~ "不定詞の副詞的用法、「それは、答えを求める者に答えを与えるためだ」。私たちの心の中にはイエスが宿り、他者が求めれば、私たちは求めた者に答えを与えることが出来る。反対に、あなたが他者に求めれば答えを得られる。イエスの答えを分かち合っていると言える。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp