●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-12.I.7:1 ~ T-12.I.8:13

7. Your interpretations of your brother's needs are your interpretation of yours.

  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • need [níːd] : 「必要性必要なもの、必要物」
❖ "Your interpretations of ~ "「あなたの同胞が何を必要としているか解釈することは、あなたの必要としているものを解釈することでもある」。自他一如。



By giving help you are asking for it, and if you perceive but one need in yourself you will be healed.
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "By giving help ~ "「助けを与えることで、あなたは助けを求めていることになる」。あなたに助けを求める気持ちがあるからこそ、同胞の助けに応えられるわけである。"and if you perceive ~ "「そして、もしあなたがただ一つの必要性を知覚するなら、あなたはヒーリングされるだろう」。ACIMで述べられている必要性とその助けは、心の救済を求める必要性であり、その助けである。言い換えれば、復活の必要性とその助け。つまり、神の世界に回帰し、神との分裂を解消する必要性と、そのための助けである。



For you will recognize God's answer as you want it to be, and if you want it in truth, it will be truly yours.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答え、回答、返事、応答 」
  • in truth : 「実のところ、実際」
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に、真に」
❖ "For you will recognize ~ "「なぜなら、あなたが、神の答えがそうあって欲しいと望むように、神の答えを認識するからである」。あなたがただ一つの必要性を感じるとき、それは神の助けであり、神はたがわずそれを与えてくれる。それを、あなたは認識するのである。"and if you want ~ "「もし、あなたが実際それを望むなら、」"it will be truly ~ "「それは本当にあなたのものとなる」。あなたが神の助けを望むなら、それはあなたのものとなる。



Every appeal you answer in the Name of Christ brings the remembrance of your Father closer to your awareness.
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、嘆願、訴え」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える、〜に応じる、聞き入れる」
  • in the name of : 「〜の名において」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る」
  • remembrance [rimémbr(ə)ns] : 「 記憶、思い出、回想、追悼」
  • close [klóus] : 「近い、接近した、近接した」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "Every appeal you answer ~ "直訳すると、「キリストの名においてあなたが答えるすべての嘆願は、あなたの父なる神の記憶をあなたの意識により近く運んでくる」。つまり、あなたがキリストになり代わって、同胞の助けの求めに対して応えていくうちに、あなたは徐々に父なる神を思い出していく。



For the sake of your need, then, hear every call for help as what it is, so God can answer you.
  • sake [séik] : 「ため、目的、利益、理由、動機」
  • For the sake of : 「〜のために、〜の利益のために、〜の目的で」
❖ "For the sake of ~ "「よって、あなたの必要性のためにも、」つまり、あなたも助けが必要なのだから、"hear every call for ~ "「助けを求めるすべての呼び声をありのままに聞きなさい」。"so God can ~ "「そうすれば、神はあなたに答えることができるのだ」。



8. By applying the Holy Spirit's interpretation of the reactions of others more and more consistently, you will gain an increasing awareness that his criteria are equally applicable to you.
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、利用する、生かす」
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • reaction [ri(ː)ǽk∫n] : 「反応、態度、受け止め方」
  • more and more : 「ますます」
  • consistently [kənsístəntli] : 「一貫して、常に、相変わらず、堅実に」
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • criteria [kraití(ə)riə] : 「基準、criterion の複数形」
  • criterion [kraití(ə)riən] : 「基準、標準、尺度、判定基準、判断基準」
  • equally [íːkw(ə)li] : 「等しく、同様に、平等に、同等に」
  • applicable [ǽplikəbl] : 「適用できる、適切な、応用できる、適用される、当てはまる」
❖ "By applying the Holy Spirit's ~ "「他者の反応に対するホーリー・スピリットの解釈をもっともっと一貫して適用することで、」"you will gain an increasing ~ "「あなたは、ホーリー・スピリットの判断基準があなたにも等しく適用できるという拡大意識を得ることになろう」。非常に硬い表現をしているが、ホーリー・スピリットは、あなたの同胞の助けを求める呼び声に対して、それは神の助け、神の愛を求めているのだと解釈する。そういう解釈をあなたも一貫して適用していけば、あなたの判断基準がホーリー・スピリットの思考システムに合致していくのに気がつくのである。あなたの思いがホーリー・スピリットの思いとますます調和するようになる。



For to recognize fear is not enough to escape from it, although the recognition is necessary to demonstrate the need for escape.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • escape from : 「〜から逃避する」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、証明する」
❖ "For to recognize fear ~ "「なぜなら、恐れから逃れるためには、恐れを認識するだけでは十分でないからだ」。"although the recognition is ~ "「逃れる必要性を証明するには、恐れの認識は必要であるが」。



The Holy Spirit must still translate the fear into truth. If you were left with the fear, once you had recognized it, you would have taken a step away from reality, not towards it.
  • translate [trænsléit] : 「解釈する、見て取る」
  • left [léft] : 「leave の過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「ある状態のままにしておく、ほっておく、放置する」
  • take a step : 「一歩進む」
  • away from : 「〜から離れて」
  • towards [tɔ́ː(r)dz] : 「〜の方へ、〜に向かって、〜に向いて」
❖ "The Holy Spirit must still ~ "「ホーリー・スピリットはなお、恐れを真実へと翻訳するに違いない」。あなたが恐れを認識し、ホーリー・スピリットがそれを真実へと翻訳してくれるのである。恐れを消すだけでなく、真実へと導いてくれるわけだ。"If you were left ~ "「もしあなたが、恐れを抱いて取り残され、一度あなたが恐れを認識すると、」" you would have taken a step ~ "「あなたは実相に近づくどころか、実相から離れるステップをとってしまうだろう」。恐れを知覚して、あなたはパニックに陥ってしまい、適切な対応ができなくなってしまうのだ。結果、現実的な実相に立脚した行動がとれずに、とんでもない行動をとってしまう。だからこそ、ホーリー・スピリットの助けを借りて、恐れの翻訳をしてもらわなくてはならない。



Yet we have repeatedly emphasized the need to recognize fear and face it without disguise as a crucial step in the undoing of the ego.
  • repeatedly [ripíːtidli] : 「繰り返して、たびたび、再三にわたり」
  • emphasize [émfəsàiz] : 「〜を強調する、重要視する、重視する、力説する」
  • face [féis] : 「〜に立ち向かう、〜と向かい合う」
  • disguise [disgáiz] : 「偽装、偽り、ごまかし」
  • without disguise : 「あからさまに、包み隠さず」
  • crucial [krúː∫l] : 「重大な、決定的な、不可欠な」
  • undoing : 「解くこと、取り消し」
❖ "Yet we have repeatedly ~ "「しかし、私たちは繰り返し、エゴを取り消す重要なステップとして、恐れを認識し、偽ることなくそれと向き合う必要性を強調してきた」。最終的にホーリー・スピリットの助けを必要とはするのだが、第一段階として、恐れの認識と、それに立ち向かう姿勢は必要である。



Consider how well the Holy Spirit's interpretation of the motives of others will serve you then.
  • Consider [kənsídə(r)] : 「よく考える、熟考する」
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • motive [móutiv] : 「動機、主題、真意、目的」
  • serve [sə́ː(r)v] : 「〜に役立つ、〜に仕える」
❖ "Consider how well ~ "「ホーリー・スピリットによる、他者の動機の解釈が、あなたに非常に役立つことを考えてみなさい」。助けを求める他者の呼び声を、ホーリー・スピリットは、神の助け、愛ある救いを求めてのものと解釈する。同様に、あなたの恐れを、恐れなき実相への開眼の願いと解釈する。したがって、ホーリー・スピリットはあなたの恐れを、真実へと向かうあなたの絶好のチャンスと見なし利用するのである。もし、あなたの恐れをエゴに委ねたらどうなるか? エゴはその恐れをさらに煽って、恐れを解消するために他者への攻撃にあなたを向かわせることだろう。



Having taught you to accept only loving thoughts in others and to regard everything else as an appeal for help, he has taught you that fear itself is an appeal for help.
  • taught [tɔ́ːt] : 「teach の過去・過去分詞形」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • loving [lʌ́viŋ] : 「誠実な、愛情のある、愛情に満ちた」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考えること、思考、考え、見解」
  • regard [rigɑ́ː(r)d] : 「〜を〜と見なす、考慮する」
  • regard A as B : 「AをBと見なす」
  • appeal [əpíːl] : 「懇願、嘆願、訴え」
❖ "Having taught you to ~ "分詞構文、「ホーリー・スピリットはあなたに、他者の中に愛情ある思いだけを認め、その他のすべてを助けを求める訴えだと見なすように教えたように、」"he has taught you ~ "「ホーリー・スピリットはあなたに、恐れ自体は助けを求める訴えだと教えている」。



This is what recognizing fear really means. If you do not protect it, he will reinterpret it.
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • reinterpret : 「〜を再解釈する」
❖ "This is what recognizing ~ "「これが、恐れを認識するということが意味するところである」。恐れを認識するとは、恐れが助けてを求める呼び声だと認識すること。"If you do not protect ~ "「もし、あなたがそれを守れなかったら、」"he will reinterpret ~ "「ホーリー・スピリットはそれを再解釈してくれるだろう」。つまり、あなたが、自分は恐ろしいだけであって、愛ある助けを求めているのではないと主張すれば、ホーリー・スピリットはあなたの恐れを再解釈して、適切なアドバイスをあなたに与えるだろう。



That is the ultimate value in learning to perceive attack as a call for love.
  • ultimate [ʌ́ltəmət] : 「最終的な、最大の、究極の」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
❖ "That is the ultimate value ~ "「それが、攻撃は愛を求めての呼び声だと学ぶ上での究極の価値である」。それとは、恐れが助けを求める呼び声だと認識すること。恐れが攻撃を生み出す。恐れも攻撃も、その根は同じものであって、愛の欠如である。したがって、恐れや攻撃を、愛を求めるへたくそな行動なのだと認識することが最終的に大切になる。



We have already learned that fear and attack are inevitably associated.
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • inevitably [inévətəbli] : 「不可避的に、必然的に、必ず、必至で」
  • associate [əsóu∫ièit] : 「結び付ける、結合させる、関連付ける」
  • associated : 「結び付いた、関連した、連合した」
❖ "We have already learned ~ "「私たちはすでに、恐れと攻撃が必然的に関連し合っていると学んでいる」。



If only attack produces fear, and if you see attack as the call for help that it is, the unreality of fear must dawn on you.
  • produce [prəd(j)úːs] : 「〜を作り出す、生産する、引き起こす」
  • unreality : 「非現実性、実在しないもの、虚構」
  • dawn [dɔ́ːn] : 「分かり始める、見え出す」
  • dawn on : 「〜に理解され始める、〜と気が付く」
❖ "If only attack produces ~ "「もし、攻撃だけが恐れを生み出し、」"and if you see attack ~ "「もし、あなたが、攻撃を助けを求める呼び声だと見なし、まさにそうならば、」"the unreality of fear ~ "「恐れなど存在しないことが、あなたにわかり始めるに違いない」。ここの"that it is"は関係代名詞"that"が補語として使われている形である。"it"は"attack"のことで、意味は「攻撃がそうであるところの」助けを求める叫び。



For fear is a call for love, in unconscious recognition of what has been denied.
  • unconscious [ʌnkɑ́n∫əs] : 「無意識の、自覚しない」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証」
  • in recognition of : 「〜を認めて」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "For fear is a call ~ "「なぜなら、恐れは愛を求める呼び声であり、否定されたものを無意識の中で承認していることなのであるから」。神の愛を否定し、エゴの思考システムに依拠して他者を恐れ、攻撃をするものの、無意識の中では神の愛を認め、それを求めているのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp