●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.V.7:1 ~ T-20.V.8:6

7. Can you evaluate the giver of a gift like this? Would you exchange this gift for any other?

  • evaluate [ivǽljuèit] : 「評価する、審査する、判断する」
  • giver [gívə(r)] : 「与える人、贈与者、寄贈者」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「~を交換する、~を両替する」
❖ "Can you evaluate ~ "「このような贈り物を与えてくれる者を、あなたは評価出来るだろうか」。あなたに赦しを与え、罪からの解放を与えてくれる同胞を、あなたは理性的に判断して評価出来るだろうか? 同胞を値踏み出来るだろうか? "Would you exchange ~ "「この贈り物を、他の物と交換しよう思うだろうか」。



This gift returns the laws of God to your remembrance.
  • return [ritə́ː(r)n] : 「~を返す、戻す、返却する、返品する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規」
  • remembrance [rimémbr(ə)ns] : 「記憶、思い出、回想、追悼」
❖ "This gift returns the laws ~ "「この贈り物のおかげで、あなたは、神の法を思い出すのである」。この贈り物のおかげで、あなたは幻想から解放され、つまり、夢から目覚め、実相世界の神を思い出すのだ。そして、実相世界の法である神の法を思い出すのである。



And merely by remembering them, the laws that held you prisoner to pain and death must be forgotten.
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • remember [rimémbə(r)] : 「~を覚えている、~を思い出す」
  • held [héld] : 「hold の過去形」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、抑える、制する、拘束する」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
  • forgotten [fə(r)gɑ́tn] : 「forget の過去分詞形」
  • forget [fə(r)gét] : 「~を忘れる、見落とす」
❖ "And merely by ~ "「そして、神の法を思い出すことによってのみ、」
"the laws that held ~ "「あなたを痛みと死に閉じこめていた法が忘れ去られるのである」。あなたを幻想世界に閉じこめていたエゴの法を忘れることが出来る。痛みと死は、幻想世界の象徴である。



This is no gift your brother's body offers you. The veil that hides the gift hides him as well. He is the gift, and yet he knows it not.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • as well : 「おまけに、その上、なお、同じに、同様にうまく」
❖ "This is no gift your ~ "「あなたの同胞の肉体が、あなたに差し出す贈り物はない」。幻想の肉体が、実相的実在の贈り物を提供出来るわけがない。夜見る夢の登場人物が、あなたに贈り物を与えることが出来ないことと同じである。"The veil that hides ~ "「贈り物を隠しているベールは、同時に、同胞をも隠している」。あなたが、同胞からの贈り物に気付かないなら、あなたは同胞の本当の姿がわからないのだ。"He is the gift ~ "「彼は知らないかもしれないが、彼自身が贈り物なのである」。あなたの同胞は神が創造した神の子である。したがって、彼は、神からの贈り物なのだ。



No more do you. And yet, have faith that he who sees the gift in both of you will offer and receive it for you both.
  • no more : 「それ以上~ない、もはや~しない」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条」
  • have faith : 「信じる」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • receive [risíːv] : 「~を受ける、受け取る、受領する、入手する」
❖ "No more do ~ "「あなたも同様なのだが、わかっていない」。あなたも神からの贈り物だのだが、あなたはそれに気付いていない。"And yet, have faith that ~ "「しかし、あなたと同胞の二人の中の贈り物を見ているものが、あなたと同胞の二人のために、贈り物を差し出し、受け取ってくれることを信じなさい」。さて、意味が非常にとりにくい。"he who sees the gift in both of you"「あなたと同胞の二人の中の贈り物を見ているもの」とは、あなたと同胞が、神の属性を継承した神の子であると知っている者、ということだから、ホーリー・スピリットのことである。そのホーリー・スピリットが、あなたと同胞になり代わって、贈り物をやり取りしてくれる。あるいは、あなたと同胞が贈り物をやり取りするのを手伝ってくれるのである。贈り物をやり取りするとは、互いに幻想の罪を赦し合い、互いに幻想から解放し合う、ということだ。



And through his vision will you see it, and through his understanding recognize it and love it as your own.
  • through [θruː] : 「~を通じて、~の手を経て、手を通して」
  • vision [víʒ(ə)n] : 「視覚、視力、洞察力、想像力、展望、構想」
  • understanding [ʌ̀ndə(r)stǽndiŋ] : 「理解、理解力、知力」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「~を認識する、~を認証する、認める、受け入れる」
❖ "And through his vision ~ "「そして、ホーリー・スピリットのヴィジョンを通して、あなたは、贈り物を見ることになるのだ」。幻想世界においては、肉体的知覚では贈り物は見ることが出来ない。実相的視覚、ホーリー・スピリットのヴィジョンを身に付ければ、それを通して、実在の贈り物が見えてくる。"and through his understanding ~ "「そして、ホーリー・スピリットの理解力を通して、贈り物を認識することが出来、あなた自身の贈り物として、その贈り物を愛することが出来るのだ」。幻想を赦し、幻想から解放されて、ホーリー・スピリットのヴィジョンと理解力が身に付けば、あなたは、神から継承した神の属性のすべてを思い出し、それを愛し、神に感謝することになる。



8. Be comforted, and feel the Holy Spirit watching over you in love and perfect confidence in what he sees.
  • comfort [kʌ́mfə(r)t] : 「慰める、安心させる、元気づける」
  • watch over : 「~の世話をする」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完全な、完璧な」
  • confidence [kɑ́nfid(ə)ns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
❖ "Be comforted, and ~ "「気持ちを楽しに、ホーリー・スピリットが、あなたを愛に包み込み、ホーリー・スピリットが目にするものを完全に信頼しながら、あなたの世話をしていることを感じなさい」。常に、ホーリー・スピリットはあなたの側にいて、あなたをサポートしてくれるのである。そこには、ホーリー・スピリットの愛と信頼があふれている。



He knows the Son of God, and shares his Father's certainty the universe rests in his gentle hands in safety and in peace.
  • share [∫éə(r)] : 「~を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと、必然」
  • universe [júːnəvə̀ː(r)s] : 「宇宙、銀河、宇宙、万物」
  • rest [rést] : 「ある、存在する」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "He knows the ~ "「ホーリー・スピリットは神の子を知っており、」"and shares his Father's ~ "「父なる神の確信を分かち合っている」。"the universe rests ~ "「その、神の確信とは、宇宙が神の優しい手の中にあり、安全で平和のうちに存在しているという確信である」。ここの"the universe"「宇宙」とは、幻想世界のことではなく、実相世界、天の王国のことである。実在する世界のことだ。神は実相世界を完全に包み込んでいるのである(all-encompassing)。



Let us consider now what he must learn, to share his Father's confidence in him.
  • consider [kənsídə(r)] : 「~と考える、~を考慮する」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「~を学ぶ、~を知る」
  • confidence [kɑ́nfid(ə)ns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
❖ "Let us consider now ~ "「神の子が学ばねばならないことを、今、考えよう」。"to share his Father's ~ "「神の子の心の中の、父なる神の確信を分かち合うために」。神の確信とは、一元論世界の確信であるから、対極概念の懐疑をもたない純粋な確信である。厳密な意味での信仰に近いものであろう。確信によって喜びと平和が得られる、そんな確信と考えていいのではないだろうか。あるいは、愛に溢れた確信。そういった確信を神の子同士で分かち合うために、神の子は実相世界の真実を学ばなくてはならない。ホーリー・スピリットに学ぶのである。



What is he, that the Creator of the universe should offer it to him and know it rests in safety?
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
❖ "What is he"「神の子とは何か」。"that the Creator of ~ "「宇宙の創造主である神が、その宇宙を神の子に授け、それが安全な状態にあると知っている、そんな神の子とは何か」。神は神の子を創造したのだから、神の子は神の分身である。神の子は、いわば、神の延長なのだ。実相世界が、分かち合いによって拡張増大する世界であることを思えば、神が愛や平和や喜びを分かち合い、拡張増大するために、神の延長である分身を創造しのだと思っていい。さらに、実相世界が一元論世界であることを考えれば、分身という概念は分離を意味し、実相世界にそぐわないことがわかる。つまり、神の子は神と融合し、単一の存在に収斂する存在であることが見えてくる。そこに、ホーリー・スピリットが加わって、三位が一体となるのである。ちょうど、三つの光が一つになって、純粋な白色の光になるようなものだ。



He looks upon himself not as his Father knows him. And yet it is impossible the confidence of God should be misplaced.
  • look upon : 「〜を見る」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • misplace : 「置き違える、置き間違える、置き場所を誤る」
❖ "He looks upon himself ~ "「神の子は自分自身を、父なる神が神の子を知っているようには、見ていない」。神は神の子を、自分自身の延長、拡張と見ているが、神の子は自分の神性に気付いていない。"And yet it is impossible ~ "「そして、神の確信が、置き場所を間違えて置かれる可能性はないのだ」。神は神の子を神の延長と確信しているが、それに間違いはない。神の確信が誤ることはないのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp