●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.VI.9:1 ~ T-20.VI.10:6

9. Idols must disappear, and leave no trace behind their going.

  • idol [áidl] : 「偶像、崇拝される人、神像」
  • disappear [dìsəpíə(r)] : 「存在しなくなる、なくなる、消滅する、消失する」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする、置き忘れる」
  • trace [tréis] : 「跡、足跡、形跡」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に、〜の裏側に、〜の背後に」
❖ "Idols must disappear ~ "「偶像は消えてしまい、去った後には、痕跡すら残さない」。狂気の想念は長続きすることなく、やがて、消滅する。そして、聖なる瞬間に、すべての偶像も消滅するのだ。



The unholy instant of their seeming power is frail as is a snowflake, but without its loveliness.
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • seeming [síːmiŋ] : 「外観上の、外見だけの、見せかけの、うわべの」
  • frail [fréil] : 「虚弱な、もろい、壊れやすい」
  • snowflake : 「雪片、降ってる雪」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • loveliness [lʌ́vlinis] : 「愛らしさ、素晴らしさ」
❖ "The unholy instant of ~ "「神聖ならざる瞬間における偶像の見せかけのパワーは、雪のかけらがそうであるように、はかないものだ」。"but without its ~ "「とは言え、雪のかけらのような愛らしさなどないのだが」。幻想は、つかの間の猛威を振るうが、はかなく消滅する運命にある。



Is this the substitute you want for the eternal blessing of the holy instant and its unlimited beneficence?
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「代わりの物、代用品、代替、代理人、置換」
  • eternal [itə́ː(r)nl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運、恵み」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • unlimited : 「制限のない、無制限の、自由な、無条件の」
  • beneficence [bənéfəsəns] : 「善行、恩恵、慈善、施し物」
❖ "Is this the substitute you ~ "「これは、聖なる瞬間を永遠に祝福し、制限のない恩恵をうけるための、あなたが欲する代わりのものだろうか」。はかなく消える幻想の偶像に、聖なる瞬間を永遠に祝福し、制限のない恩恵を与え続けるパワーはない。



Is the malevolence of the unholy relationship, so seeming powerful and so bitterly misunderstood and so invested in a false attraction your preference to the holy instant, which offers you peace and understanding?
  • malevolence [məlévələns] : 「悪意、悪心」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • seeming [síːmiŋ] : 「外観上の、外見だけの、見せかけの、うわべの」
  • powerful [páuə(r)fl] : 「強い、強力な、力強い、迫力のある」
  • bitterly [bítə(r)li] : 「激しく、苦々しく、ひどく」
  • misunderstood : 「misunderstandの過去過去分詞形、誤解された、正しく理解してもらえない」
  • invest [invést] : 「〜を投資する、出資する、運用する、〜に注ぎ込む」
  • false [fɔ́ːls] : 「正しくない、誤った、うその、虚偽の」
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、引力、魅力、誘引」
  • preference [préf(ə)r(ə)ns] : 「好み、優先、選り好み、選択、ひいき、好物」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • understanding [ʌ̀ndə(r)stǽndiŋ] : 「理解、理解力、知力、合意、把握、納得」
❖ "Is the malevolence of ~ "ここは後半の"your preference to ~ "に繋がる、「神聖ならざる関係性の悪意は、聖なる瞬間よりも、あなたの好みなのか」。最後の"which offers you ~ "は、「聖なる瞬間はあなたに平和と理解を与えくれるのに」。中間部分は神聖ならざる関係性の説明で、"so seeming powerful ~ "「見せかけのパワーをもち、ひどく誤解され、誤った魅力に投資されているのだが」。まず、"the malevolence of the unholy relationship"「神聖ならざる関係性の悪意」とは何か? 神聖ならざる関係性は、この幻想世界におけるあなたとパートナーとの愛憎渦巻く、愛欲と肉欲の特別な関係性のことで、その悪意とは、その関係性が放つ悪臭、偽善や支配や嫉妬や隷属等々の属性のこと。そっちの方を、神聖な関係性よりあなたは好むのか、と問い掛けているわけだ。中間部分は神聖ならざる関係性の説明で、まず、見せかけのパワーがあると言っている(seeming powerful)。確かに、多くの人は愛欲の特別な関係性の力に引かれて、その関係性にはまり込んでしまう。まるでアリ地獄のようなパワーである。ひどく誤解され(bitterly misunderstood)と言っているが、特別な愛欲の関係性こそは、人生の中で一番価値のある人間らしい関係性であると誤解されているのだ。そして、本当は価値などないにも関わらず、人々はその関係性の魔力にとらわれて、エネルギーと金と時間を惜しげなく費やする(invested in a false attraction)。



Then lay aside the body and quietly transcend it, rising to welcome what you really want.
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • aside [əsáid] : 「わきへ、離れて、それて、はずれて」
  • lay aside : 「のけておく、捨てる、放棄する、棚上げにする」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、黙って、平穏に」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、〜に勝る、脱却する」
  • rise [ráiz] : 「上がる、起立する、上昇する、昇る」
  • welcome [wélkəm] : 「温かく迎え入れる、歓迎する、もてなす、喜んで受け入れる」
❖ "Then lay aside ~ "「そうであるから、肉体を放棄して、静かに肉体を超越しなさい」。 "rising to welcome ~ "「あなたが本当に欲しいものを歓迎するために立ち上がりなさい」。特別な関係性ではなく、あなたが本当に望んでいるのは、神聖な関係性であるはずだ。その神聖な関係性を迎え入れるために、肉体を放棄し、幻想を超越しなさい。ただし、肉体の放棄とは、死を望むことではない。ここを誤解すると、ACIMが、とんでもないカルト教団の原理にすり替えられてしまう危険がある。ACIMを、カルト教団の聖典にしてはいけない。絶対そうしてはならない。なぜなら、それは、宝の山を糞尿で汚すことと等しいからだ。



And from his holy temple, look you not back on what you have awakened from.
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院、教会、殿堂」
  • look back on : 「回想する、振り返る、追想する」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める、呼び起こす」
❖ "And from his holy ~ "「ホーリー・スピリットの神聖な寺院から、あなたが目覚めた場所を振り返ったりしてはいけない」。ホーリー・スピリットとの神聖な関係性を取り戻したなら、その神聖な寺院から、あなたが目覚めた現場である幻想世界を振り返って見たりしてはいけない。もはや、過去は幻想だのだから。



For no illusions can attract the mind that has transcended them, and left them far behind.
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • attract [ətrǽkt] : 「引き付ける、引き込む、魅惑する、魅了する」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、〜に勝る、脱却する」
  • left [léft] : 「leave の過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする、置き忘れる」
  • far [fɑ́ː(r)] : 「遠く離れて、遠くに、遠くへ」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ、後ろ側に、背後に」
❖ "For no illusions can ~ "「なぜなら、どんな幻想も、幻想を超越し、それを遠く後に残してきた心を引き戻すことは出来ないからだ」。もう、幻想世界に後戻りすることは出来ない。実相世界を進み、天の王国へ入城するだけである。天の王国の呼び声が、あなたには聞こえないか? 



10. The holy relationship reflects the true relationship the Son of God has with his Father in reality.
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する、〜を反射する、反響する」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "The holy relationship ~ "「神聖な関係性は、実相世界における神の子と神がもつ真実の関係性を反映している」。簡単に言えば、神聖な関係性とは、神と神のの子の関係性に似ている、ということ。神と神のの子の関係性の属性をもったとき、あなたの関係性は神聖なものとなる。



The Holy Spirit rests within it in the certainty it will endure forever.
  • rest [rést] : 「ある、置かれている、休む、休息する」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内に」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと、必然」
  • endure [end(j)úə(r)] : 「耐える、持ちこたえる、持続する」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "The Holy Spirit rests ~ "「ホーリー・スピリットは、神聖な関係性の中にいて、その神聖な関係性が永遠に続くに違いないと確信している」。神聖な関係性は実相的であるので、実相世界の属性である永遠不変性を有している。したがって、神聖な関係性は永遠に持続するのだ。ホーリー・スピリットはそのことを確信している。



Its firm foundation is eternally upheld by truth, and love shines on it with the gentle smile and tender blessing it offers to its own.
  • firm [fə́ː(r)m] : 「堅い、堅固な、頑丈な、しっかりした、安定した」
  • foundation [faundéi∫n] : 「土台、礎、基盤、根拠、基礎、根幹」
  • eternally [itə́ːrnəli] : 「永久に、絶えず、変わることなく、永遠に」
  • upheld [ʌphéld] : 「uphold の過去・過去分詞形」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、続ける、維持する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • smile [smáil] : 「ほほ笑み、笑顔」
  • tender [téndə(r)] : 「優しい、思いやりのある、親切な、情け深い」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運、恵み」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "Its firm foundation is ~ "「神聖な関係性の堅固な基盤は、永遠に、真実によって支えられている」。"and love shines on it ~ "「そして、愛が、神聖な関係性が自らに差し出した穏やかな微笑みと優しい祝福を伴って、神聖な関係性の上で光り輝くのだ」。「神聖な関係性が自らに差し出す〜」とは、おかしな表現だと思うかも知れないが、神聖な関係性は、あたかも自分の神聖さを愛らしく思うかのように、どこまでも静かで、平穏で、そして、恵み深いのだ、という意味合いである。擬人化しているのだが、そもそも想念の世界の記述であるので、どれが人で、どれが人でないのか、もはや、区別の付けようのない世界なのだ。つまり、擬人化という、幻想世界の概念が通用しない世界なのである。だから、愛という想念を人格としてとらえれば神であり、救いを人格として捉えればキリストとなる。喜びも平和も、想念であり、人格である。ホーリー・スピリットは何であるか、と問われて、愛であり、喜びであり、命である、と答えて正解なのだ。



Here the unholy instant is exchanged in gladness for the holy one of safe return.
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「〜を交換する、〜を両替する」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、安泰で、別状がない、無難」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「帰ること、返すこと、元に戻すこと、返還、返却」
❖ "Here the unholy instant is ~ "「ここにおいて、神聖ならざる瞬間は、神聖さを安全に取り戻すために、喜んで、神聖な瞬間と交換されるのである」。神聖な関係性を結ぶことで、それまで神聖とは言えなかった瞬間が、神聖な瞬間に質転換するのである。しかも、その変化は安全であり、確実であり、喜びをもたらしてくれるのだ。



Here is the way to true relationships held gently open, through which you walk together, leaving the body thankfully behind and resting in the Everlasting Arms.
  • held [héld] : 「hold の過去形」
  • hold [hóuld] [SVOC] : 「~の状態にしておく」
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに」
  • open [óupn] : 「開かれた、開いた」
  • through [θruː] : 「〜を通り抜けて、経て、〜の中を通って」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする、置き忘れる」
  • thankfully [θǽŋkfəli] : 「有り難いことに、感謝して」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ、後ろ側に、背後に」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている、休む、休息する」
  • everlasting [èvə(r)lǽstiŋ] : 「永遠の、不朽の、永遠に続く、永続的な、恒久の」
  • arm [ɑ́ː(r)m] : 「腕」
❖ "Here is the way to true ~ "「ここに、優しく開かれたままの真実の関係性に至る道がある」。神聖な関係性は、神と神の子の間の真実の関係性へと発展していくのである。その扉は開かれている。その道は確実に真実の関係性に続いている。"through which you ~ "「その道を通って、あなたは同胞と一緒に歩いていくのだ」。"leaving the body thankfully ~ "分詞構文、付帯状況、「あなたは、肉体を、感謝をこめて後に残し、(神の)永遠の腕の中に抱かれながら、」あなたは同胞と一緒に歩いていくのだ。あなたは肉体から抜けるのだが、今までお世話になった感謝の気持ちをもって、肉体を捨てるのである。肉体を憎んではいけない。受け流してしまうのである。簡単に言えば、ありがとう、さようなら、と言ってやればいいのだ。そして、あなたは、神の腕に抱かれるのだ。



Love's Arms are open to receive you, and give you peace forever.
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Love's Arms are open ~ "「(神の)愛の腕は、あなたを受け入れるために、そして、あなたに平和を永遠に与えるために、開かれている」。解釈の必要なし。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp