●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.VIII.10:1 ~ T-20.VIII.11:4

10. What has no meaning cannot be perceived. And meaning always looks within to find itself, and then looks out.

  • meaning [míːniŋ] :「意味、意義、意図、真意」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を把握する、〜だと分かる」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • within [wiðín] : 「内部、内側」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす、捜し出す」
  • look out : 「外を見る、見晴らす」
❖ "What has no meaning ~ "「意味を持たないものは、知覚され得ない」。存在意義を持たないもの、ということは、幻想のことだ。幻想は、幻想世界でこそ知覚され得るが、現実の実相世界では、知覚の俎上(そじょう)に乗ることはない。映画は映画館でこそ見れるが、そこを出てしまえば、街中で目の前に映画のシーンが展開することはないのと同じである。"And meaning always ~ "「そして、意味というものは、自分自身を見いだすために、心の内側に目を向け、その後で、心の外側に目を向けるのである」。意味があるものは、その意味するところを求めて、まず初めに心の中を覗き込む。そして、そこに意味するところを発見した後で、視線を心の外に向けるのである。その外に、意味するところのものを描き直すのだ。



All meaning that you give the world outside must thus reflect the sight you saw within; or better, if you saw at all or merely judged against.
  • outside [áutsáid] : 「外側に、外部に」
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、、視覚、視力」
  • saw [sɔ́ː] : 「see の過去形」
  • better [bétə(r)] : 「より良い、より優れている」
  • at all : 「仮にも、いやしくも」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する」
  • against [əgénst] : 「〜に逆らって、〜にそむいて、〜に反対して」
❖ "All meaning that you give ~ "「このように、あなたが外の世界に与えた意味のすべては、あなたが心の中に見た光景の反映であるに違いない」。"or better, if you ~ "「良く言ったとして、いやしくもあなたが(外部世界に何かを)見たとしても、それは単なる判断に過ぎないのだ」。非常に難解な部分であるが、映画にたとえて解釈してみよう。あなたは映画の内容を心で描いて、それを制作し編集する、つまり、あなたは判断するのである。あなたが判断して編集した映画を、外部世界であるスクリーン上に映し出す。あなたはスクリーン上に動き回る世界を見ることになるが、元を辿れば、それはあなたが判断し編集した思考に過ぎないのだ。映画と同様にこの世界を解釈するなら、あなたは心の中で、意味があると判断したものを思考し、その思考し判断したものを、あなたは外部世界に投射して、目に見える形に変えているだけなのだ。目に見えるこの幻想世界は、あなたの心の中の反映なのである。



Vision is the means by which the Holy Spirit translates your nightmares into happy dreams; your wild hallucinations that show you all the fearful outcomes of imagined sin into the calm and reassuring sights with which he would replace them.
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • translate [trænsléit] : 「〜を翻訳する、訳す、解釈する、見て取る」
  • nightmare [náitmὲər] : 「恐ろしい夢、悪夢」
  • wild [wáild] : 「荒っぽい、野蛮な、荒れ果てた、荒涼とした、狂気じみた」
  • hallucination [həlùːsənéiʃən] : 「幻覚、幻影」
  • show [ʃóu] : 「示す、表す、表示する」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、怖い」
  • outcome [áutkʌ̀m] : 「結果、結末、成果、所産」
  • imagine [imǽdʒin] : 「想像する、思う、心に描く、推測する」
  • calm [kɑ́ːm] : 「穏やかな、静かな、無風の」
  • reassuring : 「安心させる、元気づける、心強く感じさせる」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、視覚、視力」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える」
❖ "Vision is the means by ~ "「ヴィジョンは、ホーリー・スピリットがあなたの悪夢を幸せな夢へと解釈し直すための手段である」。難しい言い回しをしているが、要するに、あなたが勝手に判断し心の外に投射した光景(悪夢)を、それは幻想に過ぎないと見て取って、ホーリー・スピリットはその光景を真実の光景(幸せな夢)に、つまり、本当の実在する光景、ヴィジョンへと質転換させるのである。したがって、あなたが目にする偽りの光景は、ヴィジョンを通して、まったく質の異なったものに見えてくるのだ。そのヴィジョンを通して見えてくるものこそ、あなたの心の真実の姿である。虚偽の投射が、真実のヴィジョンに生まれ変わるのだ。"your wild hallucinations ~ "「想像された罪から生じてくる恐ろしい結果をあなたに見せつける妄想は、ホーリー・スピリットがそれらを置き換えてしまいたいと思う、穏やかで安心な光景へと、解釈し直されるのだ」。妄想、悪夢は、穏やかで平和な夢へと解釈し直され、質転換される。もちろん、ホーリー・スピリットのヴィジョンを通して、それがなされるのだ。ホーリー・スピリットのヴィジョンと書いたが、言い換えれば、あなたの正しい心の見るヴィジョンのことである。



These gentle sights and sounds are looked on happily, and heard with joy.
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、穏やかな」
  • sound [sáund] : 「音、音声」
  • look on : 「〜を見る」
  • happily [hǽpili] : 「幸福に、幸せに、喜んで、楽しく」
  • heard [hə́ːrd] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • with joy : 「喜びのあまり、喜んで」
❖ "These gentle sights and ~ "「これらの優しい光景、そして音は、(あなたによって)楽しく見られたり、喜びをもって聞かれたりするのだ」。あなたは喜びをもって、ヴィジョンの与えてくれる光景を受け入れることになる。質転換を、あなたは大歓迎するというわけだ。



They are his substitutes for all the terrifying sights and screaming sounds the ego's purpose brought to your horrified awareness.
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「代用品、代替、代理人、置換」
  • terrifying [térəfàiiŋ] : 「非常に恐ろしい、恐るべき、怖い」
  • screaming [skríːmiŋ] : 「鋭く叫ぶような、金切り声を出すような」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • horrify [hɔ́(ː)rəfài] : 「〜をゾッとさせる、恐がらせる」
  • horrified : 「恐怖に襲われた、怖がっている、恐怖を表す」awareness
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "They are his substitutes for ~ "「それらは、エゴの目的が、あなたの恐怖におののく意識の中へ持ち込んだ、恐ろしい光景や叫び声を、ホーリー・スピリットが(解釈し直して提供してくれた)代わりのものなのだ」。なんとも下手な訳で申し訳ない。エゴの目的とは、神の子同士の分離と攻撃である。憎悪、恨み、破壊、攻撃、等々を目的とするエゴの思考システムが、あなたの心にこの幻想世界を夢見させているのだ。あなたはその光景に恐れを抱き、悲痛な叫びを耳にするのだが、ホーリー・スピリットはヴィジョンを通して、その恐れを解釈し直し、恐怖に変えて平和をあなたに差し出してくれるのである。それはトリックでも魔術でもない。真実を素直に見る、という奇跡である。ACIMの描く奇跡である。



They step away from sin, reminding you that it is not reality which frightens you, and that the errors which you made can be corrected.
  • step away from : 「〜から一歩離れる」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • frighten [fráitn] : 「〜を怖がらせる」
  • error [érə(r)] : 「誤り、間違い、ミス、過失」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す、補正する」
❖ "They step away ~ "「それらは罪から一歩離れる」。つまり、罪の意識は幻想に過ぎないと見て取って、罪の意識から遠ざかるのだ。それらとは、ホーリー・スピリットがヴィジョンで解釈し直した光景のこと。"reminding you that ~ "分詞構文、単純接続、「そして、あなたにthat以下を思い起こさせるのだ」。"that it is not reality ~ "「あなたを恐れさせた光景は現実(実相)ではなく、」"and that the errors ~ "「あなたが犯した過ちは修正出来るということを」あなたに思い起こさせるのだ。あなたを恐れさせた幻想は取り消しに出来るのである。それを可能とするのが、ホーリー・スピリットのヴィジョンである。あなたの正しい心は、虚偽の心に勝るのである。



11. When you have looked on what seemed terrifying, and seen it change to sights of loveliness and peace; when you have looked on scenes of violence and death, and watched them change to quiet views of gardens under open skies, with clear, life-giving water running happily beside them in dancing brooks that never waste away; who need persuade you to accept the gift of vision?
  • terrifying [térəfàiiŋ] : 「非常に恐ろしい、恐るべき、怖い」
  • change [tʃéindʒ] : 「変わる、変化する、変遷する」
  • change to : 「〜に変わる」
  • loveliness [lʌ́vlinis] : 「愛らしさ、素晴らしさ」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • scene [síːn] : 「場面、シーン、光景、景色、眺め」
  • violence [váiələns] : 「暴力、バイオレンス、暴行、暴力行為」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり」
  • watch [wάtʃ] : 「じっと見る、観察する、〜に注意する」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な」
  • view [vjúː] : 「光景、景色、眺望、視界、視野、視力」
  • garden [gɑ́ː(r)dn] : 「庭、庭園、果樹園」
  • open sky : 「広々とした空」
  • clear [klíə(r)] : 「きれいな、澄んだ、透明な」
  • life-giving : 「生命を与えるような」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばで、〜の傍らに、〜の脇に」
  • dance [dǽns] : 「ダンスする、舞う、踊る、きらめく」
  • brook [brúk] : 「小川」
  • waste [wéist] : 「衰弱する、やせ衰える、消耗する」
  • waste away : 「弱る、消耗する、衰弱する、憔悴する」
  • persuade [pərswéid] : 「説得する、説得して…させる、説き伏せる」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
❖ "When you have looked ~ "「あなたが恐ろしそうに見えるものを見て、そして、それが愛らしく平和な光景へと変わるのを目撃したとき、」"when you have looked ~ "「つまり、あなたが暴力と死の光景を見て、そして、それが、広々とした空の下のガーデンという静かな光景に変わるのを目にするとき」"with clear, life-giving ~ "「そのガーデンの脇には、澄んで命を与える小川が平和に流れ、決して涸れることのない水が踊り跳ねているのだが、」"who need persuade ~ "「(そんなときに、) 一体誰が、ヴィジョンが与えてくれる贈り物を受け入れるようにと、(わざわざ)あなたに勧めるだろうか」。勧められるまでもなく、あなたはヴィジョンの与える贈り物を受け入れるに違いない。恐ろしいこの世界の幻想の光景が、平和で愛らしい実相の世界の光景に変わることを、誰も拒絶する者はいない、自ら進んでそれを受け入れる、ということ。



And after vision, who is there who could refuse what must come after? Think but an instant just on this; you can behold the holiness God gave his Son.
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • come after : 〜「の後に来る、〜の後を追う」
  • think on : 「 〜を熟考する、思い巡らす」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
❖ "And after vision ~ "「そんなヴィジョンを見た後で、その後に来るに違いないものを拒絶出来るような者がいるだろうか」。"Think but an instant ~ "「ほんの一瞬でも、このことについて考えてみなさい」。"you can behold ~ "「あなたは、神が神の子に与えた神聖さを目撃出来るのである」。ヴィジョンの後には、神の贈り物である神聖さがあなたに与えられるのである。それを拒絶する者はいまい。あなたは、無意識のうちに、それを求めて生きてきたのだから。



And never need you think that there is something else for you to see.
  • something else : 「何か他のもの」
❖ "And never need ~ "「そして、あなたにとって、それ以外に何か見るべきものはあるかと、あなたは考える必要はない」。神聖さという最高のものを与えられたのだから、それ以外のものは、あなたに必要なわけがない。実相世界に目覚め、あなたが本来持っていた神聖さを取り戻したなら、あなたには外に何も必要ないのだ。すべては満たされ、平和で穏やかで、愛に満ち喜びに満ちた命を生きるだけで十分であろう。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp