●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.VI.3:1 ~ T-20.VI.4:7

3. But idols do not share. Idols accept, but never make return. They can be loved, but cannot love.

  • idol [áidl] : 「偶像、崇拝される人、神像、誤った概念」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「〜を返す、戻す、返却する」
❖ "But idols do ~ "「しかし、偶像は分かち合うことをしない」。"Idols accept ~ "「偶像は受け取るが、決してお返したりしない」。"They can be ~ "「偶像は愛される可能性はあるが、(自分から)愛することはない」。さて、この偶像とは何か? 幻想の存在を崇拝することが偶像崇拝であるから、偶像は幻想のことである。たとえば、肉体を礼賛したとき、あなたは肉体を偶像としているし、エゴの思考システムを信じているなら、それが偶像である。物質があなたにとって何よりも重要な位置を占めているなら、物質が偶像である。金の亡者にとっては金が偶像、権力にしがみつく者にとっては権力が偶像である。なぜなら、そのすべてが、この幻想世界の存在だからだ。存在と書いたが、幻想であるから、本当は存在していない。存在していないものを、あたかも存在しているように勘違いして、崇(あが)め奉(たてまつ)ることが偶像崇拝なのだ。



They do not understand what they are offered, and any relationship in which they enter has lost its meaning.
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • enter [éntə(r)] :「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、目的、意図」
❖ "They do not understand ~ "「偶像は、それが何を差し出されているのか理解していない」。偶像崇拝をしている者達が、偶像に何を差し出しているのか、偶像自体はまったく把握出来ない。もちろん、偶像崇拝達自身も、自分たちが何を差し出しているのか、把握出来ないのだ。本当の信頼であろうか? 本当の献身であろうか? 本当の愛だろうか? 答えはいずれもNOである。"and any relationship ~ "「偶像が介入するいかなる関係性も、その意味を失っているのだ」。偶像は幻想であるので、幻想が関係性に入り込むと、関係性自体が幻想化し、実体のない無意味なものになってしまう。



They live in secrecy, hating the sunlight and happy in the body's darkness, where they can hide and keep their secrets hidden along with them.
  • in secrecy : 「秘密に、内緒で、ひそかに、内々で、こっそり」
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
  • sunlight [sʌ́nlàit] : 「太陽の光、日の当たる所、太陽の明かり、太陽光」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • keep [kíːp] [SVOC] : 「〜の状態にしておく」
  • secret [síːkrət] : 「秘密、機密、内緒事」
  • hidden [hídn] : 「hideの過去分詞形、隠された、秘密の」
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに、〜に加えて、〜のほかに」
❖ "They live in ~ "「偶像は秘密裏に生きている」。"hating the sunlight ~ "「日の光を嫌い、肉体の闇の中では幸せである」。"where they can hide ~ "「その肉体の中に、偶像は身を潜め、偶像の秘密を、自らと共に隠し込んだままに出来るのだ」。幻想の偶像は、実相世界の日の光に晒されることを極度に嫌う。虚偽がばれるからだ。幻想であることが見破られ、したがって消滅を余儀なくされる。偶像の秘密とは、なんのことはない、偶像は実在していないという事実である。幻想であり、虚偽であり、非存在、それが偶像の秘密である。



And they have no relationships, for no one else is welcome there.
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • no one else : 「ほかの誰一人として〜しない」
  • welcome [wélkəm] : 「温かく迎え入れる、歓迎する」
❖ "And they have no ~ "「そして、偶像は、いかなる関係性ももたない」。"for no one else is ~ "「なぜなら、誰一人として、偶像へ迎え入れることをしないからだ」。秘密がばれることを恐れているからだ。秘密がばれれば、誰一人として偶像を崇拝することはしない。偶像は消滅するのだ。ちょうど、新興宗教の嘘がばれて、信者が信仰から離れていくようなものだ。



They smile on no one, and those who smile on them they do not see.
  • smile [smáil] : 「ほほ笑む、微笑する」
  • smile on : 「〜にほほ笑みかける」
❖ "They smile on ~ "「偶像は、誰の上にも微笑まない」。"and those who ~ "「偶像に微笑みかける連中を、偶像が見ることもない」。秘密を守ることで精いっぱいなのだ。下手に微笑みかけてくる連中を迎え入れたりしたら、それが発端となって嘘がばれてしまうかもしれない。見ないでいることが、偶像には安全なのだ。



4. Love has no darkened temples where mysteries are kept obscure and hidden from the sun.
  • darkened [dάːrkənd] : 「暗い、明かりの消えた」
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院、教会、殿堂」
  • mystery [míst(ə)ri] : 「不可解なこと、未解明なこと、謎の事柄」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • obscure [əbskjúə(r)] : 「不明瞭な、曖昧な」
  • hidden [hídn] : 「hideの過去分詞形、隠された、秘密の」
❖ "Love has no darkened ~ "「謎が日の光から隠され曖昧にされるような闇の寺院を、愛はもたない」。愛が、幻想世界に隠れ家をもつことはない。愛は、実相世界の日の光の中を歩んでいくのだ。



It does not seek for power, but for relationships. The body is the ego's chosen weapon for seeking power through relationships.
  • seek [síːk] for : 「〜を探し求める」
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • weapon [wépn] : 「武器、兵器、凶器、対抗手段」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
❖ "It does not seek ~ "「愛は、パワーを求めるのではなく、関係性を求める」。愛は、他者を支配しようとする権力を求めることはない。愛は、互いに愛し合うという関係性を求める。"The body is the ego's chosen ~ "「肉体は、エゴが関係性を通してパワーを求めるための、エゴの選択した武器である」。エゴは、肉体を通して攻撃し、支配し、制限することを強いる。肉体を武器として、他者への権力を持とうとするのだ。



And its relationships must be unholy, for what they are it does not even see. It wants them solely for the offerings on which its idols thrive.
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • solely [sóulli] : 「もっぱら、ただ一人で、一人だけ、単に」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • thrive [θráiv] : 「繁栄する、成功する、成長する、楽しむ、繁盛する」
❖ "And its relationships ~ "「したがって、エゴの介入した関係性は、神聖ならざるものになってしまう」。"for what they are it ~ "「なぜなら、本当の関係性の姿を、エゴは見ようとさえしないからだ」。エゴにとって関係性は、肉体が他者を攻撃し支配する戦場であるに過ぎない。それ以上の意味はないので、関係性の本当の姿、実相的意味など、エゴにとっては興味がないのだ。



The rest it merely throws away, for all that it could offer is seen as valueless.
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • throw [θróu] : 「〜を投げる、投じる、投入する」
  • throw away : 「〜を投げ捨てる」
  • valueless [vǽljuːlis] : 「無価値な、つまらない、価値のない」
❖ "The rest it merely ~ "「それ以外の残り物は、単に、捨て置かれる」。エゴにとって、関係性は肉体の戦場である。それ以外の、関係性の意味や意義は、捨てられてしまうのだ。"for all that it could ~ "「なぜなら、残り物が提供するするものすべては、価値のないものと見なされるからだ」。攻撃と支配に無関係なものは、エゴには価値がない。捨ててしまっても惜しくはないのだ。



Homeless, the ego seeks as many bodies as it can collect to place its idols in, and so establish them as temples to itself.
  • homeless [hóumlis] : 「 家のない、住む家もない」
  • collect [kəlékt] : 「〜を集める、収集する」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院、教会、殿堂」
❖ "Homeless, the ego seeks ~ "「住む家をもたず、エゴは、偶像を仕舞い込むための肉体を出来るだけ多く探し求め集めるのである」。"and so establish them ~ "「そして、集めた偶像を使って、エゴのための寺院を建てるのである」。おどろおどろしく聞こえるが、幻想世界の物質や権力や地位や金や肉体に縛られて、それを偶像視している者達の生き様は、このようなものなのだ。そして、自分のそういう姿が見えないのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp