●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-27.VI.7:1 ~ T-27.VI.8:6

7. Be you then witness to the miracle, and not the laws of sin. There is no need to suffer any more.
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる」
  • any more : 「これ以上、それ以上、もはや、今さら」
❖ "Be you then witness ~ "「そこで、罪の法の証言者ではなく、奇跡の証言者となりなさい」。"There is no need ~ "「もう、苦しむ必要はないのだ」。「罪の法の証言者」となるとは、罪の存在を信じて、自分の罪の意識に苦しむこと。「奇跡の証言者」になるとは、罪という幻想を認識し、それを赦して、ヒーリングという奇跡に出会うこと。



But there is need that you be healed, because the suffering and sorrow of the world have made it deaf to its salvation and deliverance.
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ、苦痛、苦難、苦悩」
  • sorrow [sɑ́rou] : 「悲しみ、悲哀、後悔」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • deaf [déf] : 「耳が聞こえない、聞こうとしない、聞く耳を持たない」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • deliverance [dilívərəns] : 「救出、解放」
❖ "But there is need ~ "「しかし、あなたはヒーリングされる必要はある」。"because the suffering ~ "「なぜなら、この世界の苦しみと悲しみは、世界の救いと開放に対して自らの耳を閉ざしてしまうからだ」。この世界の幻想性に気付かずに、その実在性を信じている限り、世界の苦しみと悲しみは消滅しない。世界は、救いと開放に対して、自らの目も耳も閉ざしているのだ。だから、あなたが率先して、世界の幻想性に気付き、その罪と恐れを赦すことで、あなた自身を癒し、世界を癒さねばならないのだ。



8. The resurrection of the world awaits your healing and your happiness, that you may demonstrate the healing of the world.
  • resurrection [rèzərékʃən] : 「き返り、よみがえり、蘇生、復活」
  • await [əwéit] : 「〜を待つ、待ち受ける、待望する」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実演する、明らかにする、論証する、実証する」
❖ "The resurrection of ~ "「世界の復活は、あなたがヒーリングされ、幸福になることを待っている」。あなたが、罪や恐れを赦し、ヒーリングされ幸福になるとき、世界も同時に癒されるのだ。世界は、その奇跡を待っている。"that you may demonstrate ~ "ここの"that"は"so that"のこと、「〜するために、その結果」、「その結果、あなたは、世界の癒しを実証することになる」。



The holy instant will replace all sin if you but carry its effects with you. And no one will elect to suffer more.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える」
  • carry [kǽri] : 「〜を伝える、〜を運ぶ、〜を持ち運ぶ」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
  • elect [ilékt] : 「選ぶ、選出する」
  • elect to : 「〜することを選択する、〜することにする」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
❖ "The holy instant will ~ "「もしあなたが、聖なる瞬間の結果を携えて来るなら、聖なる瞬間は、あらゆる罪と入れ替わるだろう」。「聖なる瞬間の結果」とは、聖なる瞬間である奇跡が起きて、その結果あなたがヒーリングされたこと。「結果を携えて来る」とは、あなたがヒーリングされたということを実証したとき、という意味。"And no one will ~ "「もはや誰も、これ以上苦しむことを選択することはない」。世界も癒され、苦しみは消滅するのだ。



What better function could you serve than this? Be healed that you may heal, and suffer not the laws of sin to be applied to you.
  • better [bétər] : 「より良い、より優れている、優越する」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用、働き」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に仕える、〜のために働く」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、当てはめる」
❖ "What better function ~ "「これ以上に素晴らしい役割に、あなたは就けるだろうか」。自分を癒し、その結果、世界も癒すという役割である。より深く読むなら、それは、あなた自身がキリストとなって世界を闇から救い出すという役割のことである。"Be healed that you ~ "ここの"that"は"so that"のこと、「〜するために、その結果」、「あなたがヒーリング出来ようになるために、ヒーリングされなさい」。あなたが、キリストとして世界をヒーリング出来るようになるために、まず初めに、あなた自身がヒーリングされなさい。"and suffer not the laws ~ "「そうすれば、あなたに適用される罪の法に苦しむことはなくなるのだ」。あなたがヒーリングされて実相に目覚めることが出来れば、もはや幻想に苦しめられることはなくなり、したがって、幻想に過ぎない罪の法に縛られることもなくなるのだ。



And truth will be revealed to you who chose to let love's symbols take the place of sin.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • reveal [rivíːl] : 「明らかにする、暴露する、啓示する」
  • chose [tʃóuz] : 「choose の過去形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • take the place of : 「〜の代わりをする、〜に取って代わる」
❖ "And truth will be ~ "「そして、愛の象徴が罪に置き換わるようにすることを選択したあなたに、真実が明らかにされるだろう」。幻想の罪の意識を赦して消滅させ、代わって、愛の象徴である喜び、安らぎ、慈しみ、等々があなたに訪れるとき、あなたは実相世界に目覚め、実相の真実を目撃することになる。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp